大学出版部協会

 

 宗教と社会秩序近世ハンガリー農村社会の研究

近世ハンガリー農村社会の研究 宗教と社会秩序

A5判 234ページ
価格:5,500円 (消費税:500円)
ISBN978-4-8329-6686-4 C3022
奥付の初版発行年月:2008年02月 / 発売日:2008年02月下旬

内容紹介

農村共同体と領主,教会という3つのアクターを設定し,これまでの領主・農民関係中心の議論で見落とされてきた,近世農民の集団的自治の機能や宗教の秩序維持形成力を, 地域の宗教的・社会的秩序のなかに位置づけることを目指す,新鋭の意欲作.

著者プロフィール

飯尾 唯紀(イイオ タダキ)

1970年,愛知県生まれ。金沢大学文学部史学科卒業。
北海道大学大学院文学研究科博士課程修了(文学博士)
1997−99年,コシュート・ラヨシュ大学留学(ハンガリー
政府給費奨学生)
2003−05年,日本学術振興会特別研究員
現在,北海道大学スラブ研究センターCOE共同研究員,
外務省専門調査員

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに
 序 章
   1 研究動向と課題
   2 近世ハンガリーの領主・農民・牧師
第1部 秩序構想と村落・市場町
 第1章 宗教秩序の構想(1)—ハンガリー王国
   1 1608年法令の制定
   2 『和約』と『法令』の解釈
   3 『法令』制定者の意図
   4 まとめ
 第2章 宗教秩序の構想(2)—トランシルヴァニア侯国
   1 ヤーノシュ・ジグモンド統治期(1556〜71年)
   2 バートリ家統治期(1571〜98年)
   3 まとめ
 第3章 治安・平和維持の構想
   1 領主裁判と所領の治安維持
   2 町村裁判と農民州
   3 まとめ
第2部 地域社会秩序の展開
 第4章 教区の秩序維持
   1 教区の概観と教区の諸問題
   2 教区運営における村落・市場町
   3 教区の紛争解決—牧師人事をめぐって
   4 まとめ
 第5章 所領の治安維持
   1 領主裁判と町村裁判
   2 所領の紛争解決
   3 まとめ
 終 章
 あとがき
 参考文献
 索  引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。