大学出版部協会

 

 1980年代の所有と支配日本巨大企業の行動様式

日本巨大企業の行動様式 1980年代の所有と支配

A5判 156ページ
価格:3,850円 (消費税:350円)
ISBN978-4-8329-5651-3(4-8329-5651-5) C3033
奥付の初版発行年月:1995年02月 / 発売日:1995年02月下旬

内容紹介

従来の研究の蓄積を踏まえ,巨大企業の支配類型やメイン・バンクシステム,企業集団の分析にエージ ェ ンシー理論やグラフ理論に基づく新たな基準・手法を適用,その構造と行動の特質を解明せんとする意欲作.補論に「中国国営企業の株式会社化」を付した.

著者プロフィール

汪 志平(オウ シヘイ)

1963年,中国安徽省黄山市生まれ.
1985年,北京精華大学自動化系卒業(工学学士).精華大学経済管理学院修士課程入学.
1986年,中国政府派遣留学生に選抜されて来日.
1993年,北海道大学大学院博士後期課程修了,経済学博士(北海道大学)
北海道大学助手

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序  章  株式会社の所有・支配と行動に関する研究の展望
  第 1節  大企業の所有と支配のアプローチ—バーリーミーンズの手法を巡って
  第 2節  経営者支配と企業行動
  第 3節  日本企業の支配機構における外部者の役割
第 1章  日本企業の所有構造の特質—株式持合の意義を巡って
  第 1節  戦後日本企業の株式所有構造
  第 2節  株式持合進展の背景
  第 3節  株式持合の役割
  第 4節  株式持合と企業行動
第 2章  所有構造,役員構成,支配類型と企業行動
  第 1節  所有構造と役員構成の総合を目指して
  第 2節  支配類型の区分基準
  第 3節  支配類型と経営者動機
  第 4節  実証研究の準備
  第 5節  統計分析の結果
第 3章  メインバンクがなぜ融資先企業の株を保有するか—エージェンシー理論に基づく実証分析
  第 1節  はじめに
  第 2節  企業金融におけるエージェンシー問題
  第 3節  日本における株式所有構造の特徴
  第 4節  高度成長期における銀行の株式保有と融資行動
  第 5節  1980年代における銀行の融資と株式保有
第 4章  企業集団におけるメンバー企業の支配力と情報中心性—グラフ理論による測定の試み
  第 1節  役員派遣・兼任から企業間関係をとらえることの意義
  第 2節  従来の研究のレビュー
  第 3節  グラフ理論の役員派遣・兼任分析への応用
  第 4節  6大企業集団の中心性指数の計測—1990年7月31日現在のデータをもとに
  第 5節  三菱,三井,住友の3集団における役員派遣・兼任関係の長期的傾向(1962-90年)
補  論  中国国営企業の株式会社化: 新しい企業制度を求めて—理念・政策・動態
  第 1節  中国経済における所有権改革と株式市場導入の必要性
  第 2節  中国における株式会社生成の具体例
  第 3節  中国株式市場の生成と発展
  第 4節  中国株式市場の問題点と最近の動き


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。