大学出版部協会

 

 保守化と革新政党投票行動の政治学

北海道大学法学部研究選書 1
投票行動の政治学 保守化と革新政党

A5判 330ページ
価格:5,940円 (消費税:540円)
ISBN978-4-8329-5641-4(4-8329-5641-8) C3031
奥付の初版発行年月:1994年08月 / 発売日:1994年08月下旬

内容紹介

「人々はいかなる要因から投票を決めるのか」—浮動層や革新票の動向に注目し,パネル調査に基づく多変量解析を始め種々の統計手法を駆使. 数量化できない政治的社会的諸現象とも丹念に突き合わせながら,10年に及ぶ調査をまとめた,投票行動分析の先駆的業績.

著者プロフィール

荒木 俊夫(アラキ トシオ)

北海道大学法学部教授
1993年,死去

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第1部  保守化と投票行動
第 1章  自民党票の変動—石川真澄氏の所説をめぐって
第 2章  1970年代の政治意識—村上泰亮氏の論考をめぐって
第 3章  職業・世代と投票行動

第2部  浮動層と革新政党—札幌市の選挙分析
第 4章  支持政党—1971年参議院選挙
第 5章  浮動層—1971年参議院選挙
第 6章  共産党票—1972年選挙
第 7章  社会・共産両党の退潮—1976年総選挙
第 8章  テレビ政見放送の影響—1979・80年総選挙



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。