大学出版部協会

 

 六朝志怪の誕生と展開怪を志す

怪を志す 六朝志怪の誕生と展開

A5判 382ページ 上製
定価:6,300円+税
ISBN978-4-8158-0983-6 C3022
奥付の初版発行年月:2020年02月 / 発売日:2020年03月上旬

内容紹介

歴史と宗教のあしもとで――。「怪力乱神を語らぬ」儒教の国にあって、怪異はなぜ、いかにして記録されるようになったのか。『今昔物語集』等にも影響を与えた古代中国の「志怪」について、史書の伝統や仏教伝来との関係を軸に、社会的文脈から生成過程、文体まで、初めてトータルに捉え、中国人の精神のかたちを逆照射する。

前書きなど

中国に志怪、あるいは志怪小説と呼ばれる書籍がある。「志」は言偏がついた「誌」の意味に通じる。「志怪」は「怪を志(しる)す」と訓じることができるように、怪異に関することをもっぱらしるした書籍のことである。

志怪には、たとえばこのような記事がある。

南陽郡(河南省)の宋定伯(そうていはく)が若いとき、夜道を歩いていて幽鬼に出くわした。幽鬼に「誰か」と尋ねたところ、幽鬼は「私は幽鬼だ」と名乗り、逆に聞いてきた。「お前こそ何者だ」。そこで、宋定伯は幽鬼を騙して言ってみた。「私も幽霊なのですよ」。幽鬼は尋ねた。「どこに行くんだ」。「宛(えん)の町(南陽郡の中心)まで」。「私も宛の町まで行くところだ」。一緒に数里(数キロメートル。中国の一里は、約五〇〇メートル)歩いた。また幽鬼の方から話しかけてきた。「歩くのはとても疲れる。お互いに交代で背負い合って行くというのはどうかね」。「そりゃいい」。そこで、幽鬼が先に宋定伯を背負って数里歩いた。幽鬼が言った。「お前はすごく重いな、幽鬼じゃあるまい」。「私は死んだばかりの幽鬼なので、重いんですよ」。宋定伯が今度は幽鬼を背負う番になったが、幽……

[「序章」冒頭より]

著者プロフィール

佐野 誠子(サノ セイコ)

1974年 神奈川県横浜市に生まれる
東京大学人文社会系研究科アジア文化研究専攻修了、博士(文学)
京都大学人文科学研究所助手などを経て
現 在 名古屋大学大学院人文学研究科准教授
訳 書 『中国古典小説選2 六朝志怪』明治書院、2006年

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

凡例
志怪年表

序 章 六朝志怪と怪異の歴史記録
1 怪を志す「小説」
2 「怪」とは何か
3 志怪はどのように位置づけられてきたのか
4 志怪のテキストについて

第I部 史の伝統の中で

第1章 志怪の文脈
――歴史書の拡大と変異の記録
1 史と志怪
2 雑伝書
3 五行志
4 変異情報の伝達と編集

第2章 志怪の系譜
――五行志との関わりを手掛かりに
1 応劭『風俗通義』における災異と怪異――志怪誕生の素地
2 干宝『捜神記』と五行志――志怪の成立
3 南朝宋時代の変異記録の行方と志怪――『宋書』五行志と『異苑』を中心に

第3章 志怪の怪
1 廟神
2 幽鬼

第II部 仏教を受け止めて

第4章 志怪における僧侶
――新たなる怪異との邂逅
1 仏教伝来と志怪への影響
2 僧侶と志怪
3 僧伝と志怪

第5章 仏教志怪の系譜
――応験記との関わりを手掛かりに
1 仏教志怪の誕生
2 『幽明録』『宣験記』と『冥祥記』――その内容の違い
3 『繋観世音応験記』の構成と他の仏教志怪
4 応験譚の南北差――佚名の文献資料を手掛かりに
5 応験記と志怪

第6章 冥界遊行の仏教化
1 僧侶の冥界遊行――慧達劉薩荷を例に
2 僧侶の冥界遊行が作られた理由
3 『冥祥記』の僧侶と『高僧伝』の僧侶

終 章 中国「小説」史への吸収
1 実録という形式と態度
2 実録という形式を用いた虚構
3 唐代における二種類の「伝」と歴史からの離脱


あとがき
引用書目
書名・作品名索引
人名索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。