大学出版部協会

 

 臨床に根ざした糖尿病治療血糖コントロールの実践

血糖コントロールの実践 臨床に根ざした糖尿病治療

A5判 198ページ 並製
価格:3,960円 (消費税:360円)
ISBN978-4-8158-0764-1 C3047
奥付の初版発行年月:2014年04月

内容紹介

糖尿病の本態を捉えるためには、血糖値の 「平均」 だけではなく、変動する血糖値自体に目を向けることが必須である。本書は、糖質制限食やカーボカウントなど近年注目の話題に考察を加えつつ、薬物療法に偏らない総合的な糖尿病治療を目指す確かな一冊。医師・看護師・栄養士必読。


目次

第1章 血糖変動 —— エネルギー代謝とホルモンの視点から
     1 生体のエネルギー源
     2 血糖値の恒常性
     3 食後血糖値上昇抑制のしくみ
     4 糖質摂取と身体活動と血糖変動

第2章 血糖コントロールが良好とは
     1 Alcだけで評価してよいのか
     2 食後の高血糖が大血管症のリスク要因である
     3 低血糖の回避が重要
     4 血糖コントロールの目標値

第3章 目標血糖値とAlc
     1 血糖値をマークするポイント
     2 ヘモグロビンAlcの意義
     3 「コモンモデル」 を利用する

第4章 体重について
     1 エネルギー摂取量計算の問題点
     2 肥満について
     3 食 欲
     4 目標体重

第5章 糖尿病と運動
     1 運動の有用性とそのしくみ
     2 運動の効果の実際: どれくらい血糖値は下がるのか
     3 「運動」 とNEAT
     4 運動の効果の限界、問題点

第6章 血糖コントロールのしくみ

第7章 糖尿病のくすり (血糖降下薬)
     1 起床時血糖値を下げるか食後血糖値を下げるか
     2 基礎分泌を補充するインスリン注射
     3 スルホニル尿素剤 (SU薬)
     4 チアゾリジンとビグアナイド
     5 食後血糖値を抑える薬
     6 過食に勝てる血糖降下薬はない

第8章 「マッチング」 ということ
     1 「マッチング」 は軽視されている
     2 食事糖質と身体活動のマッチング
     3 速効性血糖降下薬を加えたマッチング
     4 血糖値を上昇させる物質 「カーボ」
     5 カロリー分配の問題

第9章 食事療法の基本原則

第10章 糖質、脂質、蛋白質
     1 糖 質
     2 脂 質
     3 蛋白質

第11章 糖質と脂質ではどちらが問題か
     1 糖質と脂肪のカロリー比率の問題
     2 米国糖尿病学会の食事勧告の変遷
     3 脂肪と糖質、どちらが太りやすいか
     4 食べ物に含まれる脂肪 (油脂) について
     5 むしろ糖質が問題だ

第12章 糖質を制限する
     1 「糖質制限」 の目標値
     2 私の考える 「糖質制限食」
     3 なぜ、日本人の2型糖尿病が急増したのか

終 章 「血糖コントロール法」 の総括、そして基本の原理を振り返る


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。