大学出版部協会

 

 母系社会の人類学サバンナの林を豊かに生きる

生態人類学は挑む MONOGRAPH7
サバンナの林を豊かに生きる 母系社会の人類学

A5判 362ページ
価格:3,630円 (消費税:330円)
ISBN978-4-8140-0420-1 C3339
奥付の初版発行年月:2022年07月 / 発売日:2022年07月中旬
発行:京都大学学術出版会  
発売:京都大学学術出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

ミオンボ林があればどこへでも――。ザンビア北部、林の恵みで生きる焼畑農耕民ベンバ。女性のネットワークが基盤となる母系社会は世帯の垣根をこえ、離村や分裂も織り込んで林を自在に移動する。貨幣経済の侵入や農業の商業化政策、それらの変化をすべて組み入れてなお、樹上伐採と焼畑農耕を選びつづける彼らの「食物の道」。

著者プロフィール

杉山 祐子(スギヤマユウコ)

弘前大学人文社会科学部教授。筑波大学大学院歴史・人類学研究科博士後期課程修了、京都大学博士(地域研究)。主な著作に、『極限―人類社会の進化』(共著、京都大学学術出版会、2020年)、『地方都市とローカリティ―弘前・仕事・近代化』(弘前大学出版会、2016年)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 ミオンボ林の焼畑農耕民
 1 焼畑農耕民ベンバに出会う
 2 本書の構成
第1章 村入り―調査地概要
 1 ベンバの人びととベンバランド
 2 歴史と政治社会構造
 3 ベンバの村と王国
 4 村への住み込みがはじまる
 5 入り口は「ミリモ・ヤ・サイエンス(サイエンスの仕事)」
 6 年長女性たちのレッスン
第2章 生計活動と平準化機構
 1 チテメネ・イバラ・ミオンボ林
 2 環境利用のジェネラリストとしての生計活動
 3 生計の単位としての世帯と生計戦略
 4 格差を均す平準化機構
第3章 女性たちの集まりと調理加工の共同・消費の共同
 1 調理加工作業の共同と女性の集まり
 2 調理加工作業の共同と共食・食物の分かち合い
 3 女性の集まりと子どもたちの食
 4 足りない調理道具を求めて―女性たちはなぜ集まるのか
 5 ライフステージの上昇と物をもつことの意味
 6 道具の貸借をめぐる女性たちの動き―社会的地位をふまえたポリティクス
 7 親和的関係は日々の蓄積で更新される―生活に内包された移動性
 8 消費の共同体としての女性の集まり
第4章 人びとの移動と村の発達サイクル
 1 人びとの移動と「世帯の失敗」
 2 「世帯の失敗」の様態
 3 変動する世帯構成と「世帯の必要」の確保
 4 生計維持の困難を支える母系親族と年長女性の社会的地位
 5 男性の伐採地選択と開墾ゾーン
 6 集落の創設と開墾ゾーン
 7 世代交代とML村の分裂
 8 祖霊祭祀と村長の権威
 9 再生の縁となる祖霊祭祀と秘匿される知識の継承
第5章 チテメネ農法の秘密と村長の権威
 1 農法の説明になぜ「秘密」のにおいがするのか
 2 マーレ氏は語る―チテメネ・システムの理論的背景
 3 世界観との連動―「焼くこと」と祖霊への作法
 4 「焼くこと」と生殖論
 5 「見ればわかる」知識と見るだけではわからない知識
 6 村長の権威のありか
第6章 農業政策の変化に揺れる母系社会
 1 農業の商業化政策と換金用トウモロコシ栽培の進展
 2 苦境に陥る女性世帯―世帯間の格差は広がる
 3 女性世帯の連帯、世帯を越えた消費のネットワーク
 4 生計における現金の位置づけは変わったか―食物の道・敬意の道・お金の道
 5 変化の様相と変化を生み出す連続性
第7章 チテメネ耕作と人びとのイノベーション・ヒストリー
 1 農民の技術と在来知へのまなざし
 2 タカムラ・チテメネが開く村びとの試行の歴史
 3 チテメネ耕作錬成の歴史における三つのイノベーション
 4 生計戦略と技術の選択の基準、経験知としてのプロジェクトの失敗
 5 異質な技術の取り込みと技術の指向性の変換
 6 個別多発的試行から村全体のイノベーションへ
 7 ベンバにおけるフォークイノベーション・ヒストリー(FIH)
終 章 小さな村からの生態人類学
 1 小さな村から何を考えるか
 2 生計にあらわれる消費と分与の様態
 3 誰かのモノを「食べてしまう」こと=消費の力と社会的な広がりとしての世帯
 4 生業複合における生産から見た自給レベルの維持
 5 ベンバの生活から私たちの社会を考える―食べることを前提にした共同と食物分与
 6 生態人類学の可能性

謝 辞
参考文献
索 引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。