大学出版部協会

 

 原子力科学を学ぶ学生のために原子炉実験入門

原子炉実験入門 原子力科学を学ぶ学生のために

A5判 246ページ
価格:3,630円 (消費税:330円)
ISBN978-4-8140-0398-3 C3053
奥付の初版発行年月:2022年02月 / 発売日:2022年03月中旬
発行:京都大学学術出版会  
発売:京都大学学術出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

本邦初の大学原子炉として60年以上にわたり日本の原子力教育を牽引してきた近畿大学原子炉(UTR-KINKl)による、これから原子力を学ぼうとする学生のための入門テキスト。原子炉物理や放射線計測に関わる実施可能な実験を網羅し、実験に先立つ基礎知識から実験の原理と方法、さらに放射線の利用や原子力関連の関係法規まで丁寧に解説する。

著者プロフィール

若林 源一郎(ワカバヤシ ゲンイチロウ)

近畿大学 原子力研究所 教授
九州大学工学部応用原子核工学科卒業、九州大学大学院工学研究科 博士後期課程修了 博士(工学)
九州大学大学院工学研究院 助手、助教、近畿大学 原子力研究所 講師、准教授を経て現職
専攻:放射線計測

山田 崇裕(ヤマダ タカヒロ)

近畿大学 原子力研究所 准教授
東北大学工学部原子核工学科卒業、東北大学大学院工学研究科 博士後期課程修了 博士(工学)
公益社団法人日本アイソトープ協会を経て現職
専攻 放射線量・放射能計量学、放射線・アイソトープ応用

遠藤 知弘(エンドウ トモヒロ)

名古屋大学大学院工学研究科 准教授
名古屋大学工学部物理工学科卒業、名古屋大学大学院工学研究科 博士後期課程修了 博士(工学)
名古屋大学大学院工学研究科 助教を経て現職
専攻:原子炉物理、臨界安全、未臨界度測定

卞 哲浩(ピョン チョルホ)

京都大学 複合原子力科学研究所 准教授
名古屋大学工学部原子核工学科卒業、京都大学大学院エネルギー科学研究科博士後期課程修了 博士(エネルギー科学)
京都大学 原子炉実験所 助手、助教を経て現職
専攻:原子炉物理、原子炉実験

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

刊行のことば
はしがき

第1章 大学教育用原子炉
 1-1 近畿大学原子炉
    1-1-1 概要
    1-1-2 沿革
    1-1-3 特徴
    1-1-4 構造
    1-1-5 近畿大学原子炉の核計装
 1-2 原子炉における中性子の特性
    1-2-1 中性子束
    1-2-2 断面積
    1-2-3 反応率
    1-2-4 中性子と原子核の反応
    1-2-5 中性子の振る舞い
    1-2-6 即発中性子と遅発中性子
    1-2-7 実効増倍率と反応度
    1-2-8 原子炉の動特性
 1-3 保安教育および核物質防護教育
    1-3-1 概要
    1-3-2 原子炉施設等における放射線安全
    1-3-3 管理区域等における注意事項
    1-3-4 核燃料物質の取り扱い
    1-3-5 非常時の措置
 1-4 原子炉運転実習
    1-4-1 目的
    1-4-2 原子炉制御コンソール
    1-4-3 起動前点検
    1-4-4 原子炉の起動
    1-4-5 臨界調整と出力変更
    1-4-6 考察

第2章 炉物理実験
 2-1 臨界近接実験
    2-1-1 目的
    2-1-2 原理
    2-1-3 方法
    2-1-4 手順
    2-1-5 考察
 2-2 制御棒校正実験
    2-2-1 目的
    2-2-2 制御棒の構造
    2-2-3 方法
    2-2-4 考察
 2-3 未臨界度測定実験
    2-3-1 中性子源増倍法
    2-3-2 ソースジャーク法
    2-3-3 逆動特性法
    2-3-4 炉雑音解析法

第3章 放射線計測実験
 3-1 放射化および半減期測定
    3-1-1 放射化
    3-1-2 放射能の減衰および半減期
    3-1-3 GM 計数管
    3-1-4 方法
    3-1-5 考察
 3-2 放射化法による熱中性子束測定
    3-2-1 目的
    3-2-2 原理
    3-2-3 標的物質
    3-2-4 熱中性子束の測定
    3-2-5 カドミウムフィルタ法
    3-2-6 手順
 3-3 中性子およびγ線空間線量率測定
    3-3-1 中性子線とγ線の生成
    3-3-2 測定器と測定原理
    3-3-3 測定
    3-3-4 考察
 3-4 中性子ラジオグラフィ
    3-4-1 目的
    3-4-2 X線および中性子線の減弱
    3-4-3 イメージングプレートによるX線および中性子線の測定
    3-4-4 中性子ラジオグラフィ用実験設備
    3-4-5 X線発生装置
    3-4-6 手順
    3-4-7 考察

第4章 試験研究炉
 4-1 概要
 4-2 特徴
 4-3 分類
    4-3-1 利用目的による分類
    4-3-2 設計上の分類
 4-4 利用
    4-4-1 教育訓練
    4-4-2 ビーム実験
    4-4-3 材料照射
    4-4-4 同位体製造
    4-4-5 放射化分析
    4-4-6 医療照射
    4-4-7 シリコンドーピング
    4-4-8 その他

第5章 核計装
 5-1 原子炉の計測システム
 5-2 核計装の特徴
 5-3 核計装用の中性子検出器
    5-3-1 BF-3 比例計数管
    5-3-2 ホウ素被覆比例計数管
    5-3-3 核分裂計数管
    5-3-4 補償型電離箱と非補償型電離箱
 5-4 核計装の構成
    5-4-1 起動系
    5-4-2 中間出力系
    5-4-3 出力系
    5-4-4 安全系

第6章 原子力に係る法規制の概要
 6-1 法体系と法令の位置付け
 6-2 原子力基本法
 6-3 原子炉等規制法
 6-4 核セキュリティおよび核物質防護
 6-5 保障措置
 6-6 放射性同位元素等規制法
 6-7 電離放射線障害防止規則
 6-8 原子力防災

索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。