大学出版部協会

 

 越境と転換人種主義と反人種主義

人種主義と反人種主義 越境と転換

A5判 422ページ
価格:4,180円 (消費税:380円)
ISBN978-4-8140-0389-1 C3036
奥付の初版発行年月:2022年03月 / 発売日:2022年03月上旬
発行:京都大学学術出版会  
発売:京都大学学術出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

著者プロフィール

竹沢 泰子(タケザワ ヤスコ)

京都大学人文科学研究所教授.ワシントン大学大学院博士課程修了,博士(文化人類学).
専門は,人類学,アメリカ研究.
主な著作に,『アメリカの人種主義──カテゴリー/アイデンティティの形成と変容』(名古屋大学出版会,2022 年刊行予定),『新装版 日系アメリカ人のエスニシティ──強制収容と補償運動による変遷』(東京大学出版会,2017年),『人種神話を解体する』(シリーズ責任者・共編,全3冊,東京大学出版会,2016年)などがある.

ジャン=フレデリック・ショブ(ショブ)

フランス国立社会科学高等研究院(EHESS)教授.EHESS 博士号取得.
専門は,ヨーロッパ近世史,ユダヤ人史.
主な著作に,Race et histoire dans les sociétés occidentales (XVe-XVIIIe siècle), Paris: Albin Michel, 2021. Race is about Politics. Lessons from History, Princeton: Princeton University Press, 2019. L'Europe a-t-elle une histoire ? Paris: Albin Michel, 2008. などがある.

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序論──非英語圏からの共同発信の試み
[竹沢泰子,ジャン=フレデリック・ショブ]

I 前近代と近代の連続性/不連続性

第1章 「人種」と「文明」
    ──明治期の教科書記述にみる世界認識の変容 [竹沢泰子]
第2章 バスク人とユダヤ人の間で
    ──いかにスペイン人アイデンティティが人種化したか
    [ジャン=フレデリック・ショブ]
【Dialogue】竹沢泰子×ジャン=フレデリック・ショブ
(コメンテーター)クロード=オリヴィエ・ドロン,平野千果子

II 統治と学知

第3章 被差別部落へのまなざしと生権力
    ──包摂と排除のポリティクス [関口 寛]
第4章 日本統治下台湾における植民地人類学
    ──「理蕃」政策と先住民族の本質化 [アルノ・ナンタ]
【Dialogue】関口寛×アルノ・ナンタ
(コメンテーター)坂野徹,ジャン=フレデリック・ショブ

III 分類する法

第5章 20世紀フランスとイタリアにおける法的経験
    ──反ユダヤ人法制,混血児の地位,優生政策
    [シルヴィア・ファルコニエーリ]
第6章 近代日本の法的婚姻と人種論
    ──「国際結婚」をめぐる言説空間の変容 [長志珠絵]
【Dialogue】長志珠絵×シルヴィア・ファルコニエーリ(代理:ジャン=フレデリック・ショブ)
(コメンテーター)松本悠子,ライナー・マリア・キーソー

IV 反人種主義の葛藤と展開

第7章 両義的な反人種主義
    ──唯心主義的批判あるいは霊的人種間の不平等
    [クロード=オリヴィエ・ドロン]
第8章 反人種主義と霊性──国際主義の歴史再考
    [田辺明生]
【Dialogue】クロード=オリヴィエ・ドロン×田辺明生
(コメンテーター)池亀彩,ピエール・ブーレッツ

V 遺伝的祖先と人種の解体/再生

解説 遺伝子検査による祖先(ルーツ)検査とは [竹沢泰子]
第9章 ゲノム情報から「私」の祖先を“選ぶ”
    [太田博樹]
第10章 DNA祖先検査は反人種主義に効果的な技術か
    [サラ・エイベル]
【Dialogue】太田博樹×サラ・エイベル
(コメンテーター)ティモシー・コールフィールド,竹沢泰子

あとがき
索引
執筆者紹介


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。