大学出版部協会

 

 合衆国最高裁判所判決「第5修正関係」―自己負罪拒否特権条項米国刑事判例の動向Ⅷ

日本比較法研究所研究叢書126
米国刑事判例の動向Ⅷ 合衆国最高裁判所判決「第5修正関係」―自己負罪拒否特権条項

堤 和通:編著
A5判 624ページ 上製
価格:8,140円 (消費税:740円)
ISBN978-4-8057-0826-2 C3332
奥付の初版発行年月:2022年03月 / 発売日:2022年03月下旬

内容紹介

過去30年に及ぶアメリカ合衆国最高裁判例の評釈。黙秘権に係る権利章典条項(第5修正の自己負罪拒否特権)の歩みと到達点を解説する。被疑者取調べ等の捜査や黙秘の不利益推認の禁止等の公判構造をはじめ日米比較法の重要論点を網羅。ミランダ法理、証拠排除の他、イミュニティなど権利保障の全体像を示す。事案と判旨の詳細から、裁判例のリーズニングと射程が示され、解説では先例からの流れと意義を示す。刑事法、比較法の研究者、刑事訴訟法に関心ある大学生、比較法に視野を広げる実務家にとって、第一次資料のエッセンスが見て取れる評釈集。

著者プロフィール

堤 和通(ツツミ カズミチ)

中央大学総合政策学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

Ⅰ ミランダ法理
1 憲法上の位置付け
2 エドワーズ法理
3 権利の行使
4 身柄拘束の概念
5 取り調べの概念
6 告知の十分性,放棄の有効性
Ⅱ 公判手続き,公判構造
1 Estelle v. Smith
2 黙秘の不利益推認
Ⅲ 証拠排除
Ⅳ 憲法違反の取調べの救済策
Ⅴ 行刑
Ⅵ 有罪答弁
Ⅶ 文書提出命令
Ⅷ 虚偽陳述罪
Ⅸ 外国での訴追
Ⅹ 非刑事手続き


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。