大学出版部協会

 

 アジア・太平洋地域における比較法研究の将来グローバリゼーションを超えて

日本比較法研究所研究叢書120
グローバリゼーションを超えて アジア・太平洋地域における比較法研究の将来

A5判 502ページ 上製
価格:6,600円 (消費税:600円)
ISBN978-4-8057-0820-0 C3332
奥付の初版発行年月:2020年03月 / 発売日:2020年03月中旬

内容紹介

グローバルな発展要因であり、時として成長に対する阻害要因ともなり得るアジアにおける多様性を尊重しつつ、国際的な調和と「法の支配」を確立するには、アジアからの問題提起と、大陸法・英米法・日本法からの示唆を踏まえた比較法研究の共通基盤を確立する必要がある。日本比較研究所は設立70周年にあたり、憲法・契約法・コーポレートガバナンス・サイバー犯罪の4つの主要な法領域を選び、研究交流実績のある各国研究者の協力の下、現在の比較法的課題を議論するシンポジウムを開催した。本書は日本比較法研究所設立70周年記念シンポジウムの報告・コメント及び寄稿論文から成るアジア・太平洋地域における比較法研究の集大成である。


目次

第1部 寄稿論文
 International Treaties in the Korean Constitutional Court - A Review of Recent Decisions   Jaemin Lee
 International Commercial Courts: A New Feauture of Global Dispute Resolution   Anselmo Reyes
グローバル化したリスク社会における自由と安全 ―刑法学の視点から   井田 良
 ほか8点

第2部 シンポジウム記録
 セッション1:アジアの立憲主義
 セッション2:コーポレート・ガバナンスの多様性
 セッション3:契約法理のグローバル化
 セッション4:グローバル化とサイバー犯罪


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。