大学出版部協会

 

 アクティブラーニングの源流ディルタイから教育実践へ

ディルタイから教育実践へ アクティブラーニングの源流

A5判 366ページ 上製
価格:5,720円 (消費税:520円)
ISBN978-4-7985-0187-1 C3037
奥付の初版発行年月:2016年09月 / 発売日:2016年09月上旬

内容紹介

ディルタイ(1833-1911)は、「あらゆる真の哲学の華と目標は、最も広い意味での教育学、人間の陶冶論である」「現代の批判的な立場での哲学者の最後の言葉は、教育学である。というのも、あらゆる思考は行為のためだからである」と考えていた。その彼の精神科学によれば、人間が何かを学習するというのは、「抵抗経験」を軸にして「生の範疇」を通り抜けていくような仕方で「生の自己分節化」を生じさせることではないかと考えられる。さらに彼の「体験=表現=理解」の解釈学的循環の構造は、アクティブラーニングの成立要件そのものではないかとも考えられる。そのように考えれば、アクティブラーニングの理論と実践は今日において突如として現れたのではなく、理論的にも実践的にも、遅くともディルタイの時代から模索され続けているのはたしかである。これからの教育実践を真に実り豊かなものにしていくためにはディルタイの考え方に基づいたらよいのではないかということから発した本書の旅は、奇しくも同時にアクティブラーニングの一つの源流をたどる旅でもあった。



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。