大学出版部協会

 

 カントの世界反転光学物にして言葉

物にして言葉 カントの世界反転光学

A5判 上製
価格:8,140円 (消費税:740円)
ISBN978-4-7985-0153-6 C3010
奥付の初版発行年月:2015年04月 / 発売日:2015年03月下旬

内容紹介

〈経験的実在論にして超越論的観念論、超越論的観念論にして経験的実在論〉。 カント理性批判の思索は、この世界反転光学の不断往還のうちに生起する。そして世界直観二局面(アスペクト)間の「にして」の反転が往相から還相へ折り返す刹那、あの中央読点の深層に広がる縹緲たる無の場所で、〈物にして言葉、言葉にして物〉という隠れた主題が新たに浮上する。
ゆえに第一批判は、たんに認識論であるのみならず、つねに同時に存在論であり言語論である。そして三批判書は、われわれ人間が住まう「経験の可能性」の大地に「あるもの」と「あるべきもの」をめぐる、正しい語らいの道の探索である。それは経験的認識の真理を告げる定言命題と、道徳的善の定言的命令法(インペラティーフ)、そして物の美や有機体や歴史の形成の奥にあたかも「自然の技術」が潜んでいるかのように語る接続法(コンユンクティーフ)のアプリオリな原理を探究して、批判的啓蒙近代の新たな形而上学の革命的建築をめざす、世界市民的見地の法廷弁論である。

いささか奇抜なこの解釈仮説のもと、本書は第一批判と対話して、テクストが密かに通奏する言語哲学的低音部に聞き耳を立てる。理性(ロゴス)批判は言語(ロゴス)批判であり、われわれの論弁的(ディスクルシーフ)知性の言語活動(ランガージュ)をめぐる超越論的反省である。そしていまカントをこう読み直すことで、哲学の現在の混迷情況を打開する確かな道標が、必ずや得られるはずである。



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。