大学出版部協会

 

 書く・読む・対話する・探究する力を育む思考を鍛えるライティング教育

思考を鍛えるライティング教育 書く・読む・対話する・探究する力を育む

A5判 298ページ 並製
価格:2,750円 (消費税:250円)
ISBN978-4-7664-2830-8 C3037
奥付の初版発行年月:2022年06月 / 発売日:2022年06月中旬

内容紹介

「思考プロセスを支援するライティング教育」の最新知見
「レポート・論文指導」に使える豊富な事例
大学・高校・中学での「探究学習」に役立つ

「思考を鍛えるライティング教育」の目標は、変革期を生きる人間形成の基本となる、教養ある「自律した書き手」の育成にある。―序章より

「書くという学習経験を通して、考えるプロセスを支援する」ライティング教育についての最新の知見を集成。様々な観点からの実践報告と分析から、「書く力」を育むための方策を提示する。

本書の特徴
・「書くこと」に必須の「考える」「読む」「対話する」力を育む授業例と教材を多数取り上げている。
・初年次「アカデミック・ライティング」、高校「探究科目」に対応。
・大学ライティングセンターによる質の高い支援事例を紹介。
・中高大〜社会との接続まで、長いスパンで学びを支援している。

著者プロフィール

井下 千以子(イノシタ チイコ)

桜美林大学リベラルアーツ学群教授
慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科非常勤講師
日本女子大学大学院人間発達学専攻修了。学術博士。
主な著書:『思考を鍛えるレポート・論文作成法【第3版】』(慶應義塾大学出版会)、『思考を鍛える大学の学び入門─論理的な考え方・書き方からキャリアデザインまで─【第2版】』(慶應義塾大学出版会)、『大学における書く力を考える力─認知心理学の知見をもとに─』(東信堂)、『高等教育における文章表現教育に関する研究─大学教養教育と看護基礎教育に向けて─』(風間書房)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

 まえがき(井下千以子)

 序 章 思考を鍛えるライティング教育とは
     ─変革期を生きる人間形成の基本となる、
     教養ある「自律した書き手」を育む─(井下千以子)

第Ⅰ部 「考える・書く・読む・対話する力」を鍛えるライティング教育

 第1章 初年次必修文章表現科目の成果と課題
     ─授業設計者のための材料として─(大島弥生)

 第2章 書くために必要な読解力を鍛える
     ─初年次科目「思考技術基礎」とライティング─
     (福 博充・関田一彦)

 第3章 論理的に書く力を育成する思考ツール
     ─留学生クラスにおける実践─(高橋 薫)

 第4章 リーディング学習と接続する
     ライティング教育(杉谷祐美子)

 第5章 フィンランドの読む習慣と考えて書く力
     ─教師へのインタビュー調査と授業観察から─(井下千以
     子)

第Ⅱ部 高大接続〜大社接続に資するライティング教育

 第6章 中等教育における探究学習はいかに大学での学習に接続したか
     ─慶應SFC中高における主体的・対話的な授業と
     考えて書く力の醸成─(井下千以子・柴原宜幸)

 第7章 探究学習へと誘(いざな)う大学でのライティング教育
     ─批判的思考力・論理的表現力の育成と教養の涵養─
     (井下千以子・柴原宜幸・小山 治)

 第8章 レポート課題を分類する(成瀬尚志)

 第9章 高校・大学・仕事におけるレポートライティング経験の
     職場における経験学習に対する連鎖構造
     ─社会科学分野と工学分野を比較した学び習慣仮説の精緻化─
     (小山 治)

第Ⅲ部 正課と正課外教育をつなぐライティングセンター

 第10章 文章力向上を多面的に支える創価大学ライティングセンター
     (佐藤広子・高橋 薫)

 第11章 継続的な利用が自ら書く力を育てる青山学院大学ライティン
 グセンター
     (小林至道・中竹真依子・嶼田大海)

 第12章 正課と正課外の連環を目指した関西大学のライティングセン
 ター(岩﨑千晶)

 第13章 指導と研究を行う早稲田大学ライティング・センター(佐渡
 島紗織)

第Ⅳ部 思考を鍛えるライティング教育の未来

 第14章 「学術日本語」は分野を横断するか
      ─理系の作文技術と英語に関する一考察─(小笠原正明)

 第15章 21世紀型能力とライティング教育の未来(山地弘起)

あとがき(井下千以子)

執筆者紹介


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。