大学出版部協会

 

 ――政治経済・労働・セクシャリティ国際的視野からみる近代日本の女性史

慶應義塾大学法学研究会叢書別冊
国際的視野からみる近代日本の女性史 ――政治経済・労働・セクシャリティ

A5判 456ページ 上製
価格:7,920円 (消費税:720円)
ISBN978-4-7664-2702-8 C3036
奥付の初版発行年月:2020年12月 / 発売日:2020年12月中旬

内容紹介

▼女性史研究の新たな地平を切り拓く

英米日豪で長年にわたり
日本の女性史、近代史研究にかかわってきた
第一線の研究者による論考を集成。
女性史研究の新しい方法論を明らかにする。

著者プロフィール

富田 裕子(トミダ ユウコ)

長野県立大学グローバルマネジメント学部教授

ゴードン・ダニエルズ(ゴードン ダニエルズ)

歴史学者、元英国国立シェフィールド大学文学部歴史学科教授、同大学東アジア学部日本学科設立者。京都大学、北海道大学、中央大学客員教授

横山 千晶(ヨコヤマ チアキ)

慶應義塾大学法学部教授、同大学日吉メディアセンター所長

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに

序章  富田裕子、ゴードン・ダニエルズ(富田裕子 訳)

 第一部 パイオニアたち

第1章 福沢諭吉における夫婦関係論  カーメン・ブラッカー(西沢直子・石井寿美世訳)

第2章 平塚らいてうの社会構想――自然・協同・自治  米田佐代子

第3章 「国益のための母性」――1930-40年、産児調節を敵視する
領土拡張主義者の人口政策に立ち向かった男爵夫人、石本静枝  ヘレン・M・ホッパー(宮﨑黎子訳)

第4章 市川房枝と婦人参政権運動  バーバラ・モロニ―(国武雅子訳)

 第二部 「新しい女たち」

第5章 平塚らいてう、青鞜社と日本における「新しい女」の出現  富田裕子

第6章 新婦人協会と社会改造をめざした女たち  折井美耶子、富田裕子(富田裕子訳)

 第三部 政治・経済と女性

第7章 1868年から1945年までの日本女性をめぐる経済史を考える  ジャネット・ハンター(富田裕子・秋山家子共訳)

第8章 博愛主義かそれとも政治活動か――1915年から1916年にかけて英国に派遣された日本赤十字社の看護婦たち  ゴードン・ダニエルズ(富田裕子訳)

 第四部 産む性としての女性

第9章 臣民の身体――帝国日本におけるフェミニズム  ヴェラ・マッキー(伊藤繭子訳)

第10章 近代日本の生殖の原理と家族  石崎昇子

 第五部 新しい役割

第11章 鹿鳴館で舞う――女性の新たな役割  マーガレット・メル(横山千晶訳)

第12章 民芸運動における女性性と男性性  横山千晶

日本女性史略年表
参考文献
監訳者あとがき
索引
著訳者紹介


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。