大学出版部協会

 

 民主化の矛盾とナショナル・アイデンティティー〈トルコ国民〉とは何か

〈トルコ国民〉とは何か 民主化の矛盾とナショナル・アイデンティティー

A5判 336ページ 上製
価格:7,480円 (消費税:680円)
ISBN978-4-7664-2696-0 C3022
奥付の初版発行年月:2020年09月 / 発売日:2020年09月中旬

内容紹介

――モザイク国家の苦悩と現実――

世俗主義/政教分離を国是としたトルコ。
しかし1980年代以降、イスラームが公定イデオロギー化され、
クルド人などの民族的マイノリティーや、
アレヴィ―などの宗教的マイノリティー問題により、その枠組みは動揺している。

多様性を包摂した「国民統合」政策の抱える矛盾と困難を描き出す、意欲作。

著者プロフィール

鈴木 慶孝(スズキ ヨシタカ)

1987年茨城県生まれ。2018年慶應義塾大学大学院社会学研究科後期博士課程単位取得退学。博士(社会学)。
専門領域は国際社会学、多文化主義・多文化共生研究、トルコ研究。
現在、大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員研究員。清泉女子大学、津田塾大学で非常勤講師。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 「多様性」の受容に苦悶するトルコ共和国
第1章 「トルコ国民」の創造とその矛盾――多民族国家のネイション概念
第2章 「トルコ・イスラーム総合」への道――国民概念の矛盾の拡大
第3章 民族‐宗教的連帯の確立――宗務庁が目指す国民統合
第4章 宗教的亀裂――アレヴィーの排除
第5章 民族的亀裂――クルド人の排除
第6章 政治的イスラームの亀裂――ギュレン運動からみる多様性包摂の課題
第7章 エルドアン政権下のトルコ国民統合政策とその限界
終 章 「トルコ民族」から「トルコ国民」の国家へ――ナショナル・アイデンティティーの再構築をめぐる課題

あとがき
引用・参考文献
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。