大学出版部協会

 

 古代から近代にかけての12の問いかけ自然を前にした人間の哲学

自然を前にした人間の哲学 古代から近代にかけての12の問いかけ

A5判 312ページ 上製
価格:3,850円 (消費税:350円)
ISBN978-4-7664-2670-0 C3010
奥付の初版発行年月:2020年02月 / 発売日:2020年03月上旬

内容紹介

私たち人間は「自然」を前にしたとき、どのような思想的営為を展開してきたのか。
古代から近代にいたるまで、その意義を検討する。

ギリシャ・ローマとイスラーム世界を中心に、文明の根幹にある自然観の多様な現れ方を再検討する、慶應義塾大学言語文化研究所、最新の研究成果。

著者プロフィール

神崎 忠昭(カンザキ タダアキ)

慶應義塾大学文学部教授。慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学。専門はヨーロッパ中世史。
主要業績:『ヨーロッパの中世』(慶應義塾大学出版会、2015年)、『断絶と新生――中近世ヨーロッパとイスラームの信仰・思想・統治』(編著、慶應義塾大学出版会、2016年)。

野元 晋(ノモト シン)

慶應義塾大学言語文化研究所教授。マッギル大学大学院博士課程修了。Ph.D.専門はイスラーム思想史(ことにシーア派諸派の思想)。
主要業績:ジョナサン・バーキー『イスラームの形成――宗教的アイデンティティーと権威の変遷』(共訳、慶應義塾大学出版会、2013年)、論文「イスラーム――死と復活の思想」(吉原浩人編『東洋における死の思想』春秋社、2006年)。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

 はじめに  神崎忠昭

I  自然/本質の追究
 タレス、あるいは自然哲学の誕生  納富信留

 トマス・アクィナスにおける「自然」の理解
 ――キリスト両性論を手がかりにして  上枝美典

 西洋中世の存在論における「自然」概念の位置づけについて  山内志
 朗

II  存在の連環のなかで
 プロティノスにおける自然美  樋笠勝士

 宇宙創造の再現としての神働術
 ――新プラトン主義的自然神学の哲学的背景  土橋茂樹

 「照明学の師」スフラワルディーの自然論から
 ――『照明の叡智学(哲学)』から第2部第3論考訳注  野元 晋

 キトミール考――イスラーム文化圏における犬と人  鎌田 繁

III 星を見つめて
 適正な時の把握を目指して
 ――カロリング朝の文教政策と暦算法(computus)論争  岩波敦子

 中世ヨーロッパにおける占星術と世界観
 ――ニコル・オレームの事例から  神崎忠昭

IV 近代の「ためらい」
 進化論と世界の美的統一について
 ――ゲーテ自然学の観点から  粂川麻里生

 柳宗悦の自然観と絨毯
 ――日本における遊牧民絨毯の受容とその背景  鎌田由美子

 ロシアにおける自然と人間   
 ――ソロヴィヨフとフョードロフの観点を中心に  谷 寿美

おわりに  神崎忠昭


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。