大学出版部協会

 

 慰霊祭・追悼式の社会学われわれが災禍を悼むとき

われわれが災禍を悼むとき 慰霊祭・追悼式の社会学

四六判 244ページ 上製
価格:3,300円 (消費税:300円)
ISBN978-4-7664-2654-0 C3036
奥付の初版発行年月:2020年03月 / 発売日:2020年03月上旬

内容紹介

▼「なぜ私が」という苦しみと対峙する

災禍という不条理に遭い、大切な人々を失い、遺される者たち。被災者や遺族、支援者や宗教者らは繰り返し集い、祈りを捧げる。東日本大震災、スマトラ島沖地震の被災地における儀礼をあとづけ、人々が苦難と向き合う軌跡を辿る。

▼われわれはいかに災後を生きるのか

「たまたま被災してしまった」という、「偶然性」がもたらす苦しみ。
災禍を語り、ともに祈り、後世に託すことには、いかなる社会的意味があるのか。
苦難と向き合い、乗り越え、折り合いをつけながら生きていくための営為を辿った力作。

著者プロフィール

福田 雄(フクダ ユウ)

東北大学東北アジア研究センター助教。1981年生まれ。関西学院大学大学院社会学研究科博士課程修了、博士(社会学)。主要著作として、「インドネシアと日本の津波記念行事にみられる『救いの約束』(高倉浩樹・山口睦編『震災後の地域文化と被災者の民族誌――フィールド災害人文学の構築』新泉社、2018)、「苦難の神義論と災禍をめぐる記念式典――アチェの津波にかんする集団と個人の宗教的意味づけ」(『宗教と社会』24、2018)、「われわれが災禍を悼むとき――長崎市原爆慰霊行事にみられる儀礼の通時的変遷」(『ソシオロジ』56(2)、2011)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに

序 章 災禍の儀礼の社会学に向けて
 1 はじめに
 2 ディザスターリチュアル論の可能性と課題
  「災禍」と「儀礼」という概念の社会的前提/儀礼の詳細な記述と比
  較可能性/諸々の論点とパースペクティブ――苦難へのコーピング
 3 ディザスターリチュアル論から災禍の儀礼の社会学へ
 4 現代社会の苦難へのコーピングの比較考察に向けて
  インドネシア共和国アチェ州(スマトラ島沖地震、二〇〇四年)/宮
  城県石巻市および南三陸町(東日本大震災、二〇一一年)/長崎市
  (原子爆弾、一九四五年)

第1章 苦難へのコーピングと宗教
 1 「なぜ」をめぐる問いと災禍の宗教的意味づけ
 2 ディザスターリチュアル論における災禍と宗教
 3 世俗化論と苦難の意味論の不可能性
 4 津波の叡智――「試練」としてのスマトラ島沖地震
  アメリカのムスリム知識人における災害理解/Syaikh Gibrilの場
  合/Ustaz Mursalinの場合
 5 アチェ固有の文脈と背景
 6 苦難へのコーピングの日常的文脈と歴史的経緯の考察に向けて

第2章 苦難の神義論における集団と個人
 1 苦難の神義論再考
 2 インドネシアの災害観
  地震・津波への神の関与/イスラーム神学における神義論
 3 分析対象としての記念式典
 4 インドネシア・アチェのツナミ記念式典
  調査対象地の概要と歴史的背景/「神に近づく」ための式典/死者の
  救いと生者の試練
 5 ツナミの教説が生きられる日常的文脈
  救いを約束するアチェの悲嘆の文脈/救いの教説との対比から明らか
  になるリアリティ
 6 苦難の神義論とアチェを生きること

第3章 苦難の神義論から「救いの約束」論へ
 1 マルティン・リーゼブロートの宗教論
 2 実践的応答としての救いの約束論
 3 ヴェーバーとリーゼブロートにとっての苦難の問題
 4 苦難の神義論から救いの約束論へ

第4章 救いの約束のバリエーション
 1 救いの約束論からみるアチェの苦難へのコーピング
 2 「救いの約束」の両義性
 3 東日本大震災の記念行事における救いの約束
  石巻市の慰霊祭・追悼式の「無宗教」性/慰霊・追悼の場における救
  いの約束
 4 災禍の儀礼の比較社会学の可能性

第5章 「無宗教」式の慰霊・追悼と「儀礼のエキスパート」
 1 ディザスターリチュアル論における「儀礼のエキスパート」
 2 南三陸町の概要と東日本大震災
 3 町主催の慰霊祭と追悼式
 4 アートとしての「きりこプロジェクト」
  震災以前の「きりこプロジェクト」/震災以降の「きりこプロジェク
  ト」
 5 「南三陸町の海に思いを届けよう」
 6 「記念の作業」と苦難のコレオグラフ

第6章 儀礼のディレクション(演出/方向)と「われわれ」のダイナミズム
 1 非常な死への社会的応答
 2 儀礼の変容を記述する
  通時的観察からみる死者と生者の関係/長崎市原爆慰霊における政治
  性
 3 長崎市原爆犠牲者慰霊平和祈念式典
  現在の式典――生者に向けた平和のメッセージ/GHQ占領期――慰
  霊祭と文化祭のジレンマ/市と奉賛会の共催期――儀礼のなかの民
  族と政治/式典の拡大と多元化――視点の転換
 4 なぜ死者は生者からまなざされなくなったのか
 5 「われわれ」という死のあり方
  われわれの死の変遷/われわれの過去―現在―未来
 6 儀礼によって位置づけられる死と生

終 章 遇うて空しく過ぐること勿れ――災禍の儀礼の社会学的諸特質

 註
 謝 辞
 初出一覧
 参考文献
 索 引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。