大学出版部協会

 

 ディストピアを生き抜くためにオーウェル『一九八四年』

世界を読み解く一冊の本
オーウェル『一九八四年』 ディストピアを生き抜くために

四六判 256ページ 上製
価格:2,420円 (消費税:220円)
ISBN978-4-7664-2557-4 C0300
奥付の初版発行年月:2022年04月 / 発売日:2022年04月中旬

内容紹介

▼希望はある、愛と大地と人びとのなかに

全体主義国家によって分割統治された近未来世界を描く、
世界的ベストセラー『一九八四年』。
ビッグ・ブラザーが支配する徹底した監視・管理社会で、
独り闘争をしかける、
我らが主人公、ウィンストン・スミス。
「ポスト真実」の時代を先取りしたディストピアに、
希望はあるのか。

著者プロフィール

川端 康雄(カワバタ ヤスオ)

日本女子大学文学部教授。英文学専攻。明治大学大学院文学研究科博士後期課程退学。主な著書に『増補 オーウェルのマザー・グース――歌の力、語りの力』(岩波現代文庫、2021年)、『ジョージ・オーウェル――「人間らしさ」への讃歌』(岩波新書、2020年)、『葉蘭をめぐる冒険――イギリス文化・文学論』(みすず書房、2013年)、『ジョージ・ベストがいた――マンチェスター・ユナイテッドの伝説』(平凡社新書、2010年)、主な訳書に、オーウェル『動物農場――おとぎばなし』(岩波文庫、2009年)、『オーウェル評論集』(編、共訳、平凡社ライブラリー)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次



Ⅰ 『一九八四年』はどのようにして書かれたのか

 1 ジュラ島のオーウェル
 2 『ヨーロッパで最後の人間」(仮題)の構想と執筆
  BBC勤務
  『動物農場』執筆と『トリビューン』紙の編集
  創作ノート「ヨーロッパで最後の人間」
  『一九八四年』の執筆と病気
 3 『一九八四年』の刊行と出版直後の評価
  米国版の修正要求への拒否
  出版直後の評価――冷戦初期の受容
  日本における『一九八四年』の初期の受容

Ⅱ 何を書いたのか

 1 「窮乏の時代」とオセアニア国の表象
  「近接性」――「しょぼい」ロンドン
  「異質性」――時計の「一三時」と「一メートル」のポスター
  パブで「半リットル」のビール
  「アメリカ化」したロンドン
  三つの超大国
  オセアニア国の「階層」
  ウィンストン・スミスのロンドン彷徨
  「汚れた風景」にそびえる巨大ピラミッド
 2 「ライター」、そして「X」と「Y」――ウィンストンとジュリア
 の愛、同志オブライエンの奇妙な愛情
  オセアニア国で「愛する」ということ――ジュリアの場合
  オブライエンとの「親密」な関係
  女性の表象、セクシュアリティの問題
 3 春と独裁
  「ゆるい」エッセイ群
  ウィンストン・スミスの春
  〈黄金郷〉
  「愛にふさわしい場所」
  隠れ家とガラスのぺーパーウェイト
 4 「ニュースピーク」の効用
  新聞記事の改竄・捏造
  「ニュースピークの諸原理」
  「ニュースピーク」と「ベイシック英語」
  「政治と英語」(一九四六年)
 5 ユダヤ人表象の問題
  「英国における反ユダヤ主義」(一九四五年)
  難民船の原像
  難民船のユダヤ人母子
  愛情省と絶滅収容所
  水底の母子
 6 プロールに希望はあるか
  プロールは蔑称か
  プロールの「意識のなさ」
  レイモンド・ウィリアムズのオーウェル批判
  プロールへの希望

Ⅲ 人の生をいかに捉えたのか

 1 「権力の司祭」の信仰
  オブライエンの「疲労」
  「ナショナリズム覚え書き」(一九四五年)
  「個人の不滅への信仰」の衰退
  〈党〉への没入と自己滅却
 2 「人間らしさ」と「人間性」(そして「動物性」)
  「人間」の種族の絶滅
  動物の比喩形象
  人権擁護の国際連携の試み
  「人間性」のあやうさ、そして「人間らしさ」への信
 3 「嘘」の暴露と美的経験
  コロナ禍のなかの「オーウェル」
  「オーウェル」の汎用性の問題
  「政治的著作」と「芸術」の融合
  一九三六年の植樹


あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。