大学出版部協会

 

 後期哲学と「言語の限界」ウィトゲンシュタインの教育学

ウィトゲンシュタインの教育学 後期哲学と「言語の限界」

四六判 264ページ 上製
価格:4,620円 (消費税:420円)
ISBN978-4-7664-2443-0 C3010
奥付の初版発行年月:2017年07月 / 発売日:2017年07月下旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

「語りえぬもの」、その先へ

『論考』で沈黙した哲学者は、「教育」を手がかりに再び語り出す。
新進気鋭の若手が描く、「第三のウィトゲンシュタイン」

▼語りえぬものは、伝ええぬものであるとは限らない――

『論考』によって「語りえぬもの」を設定し、「語る」ことに制約を課したウィトゲンシュタイン。
経ることおよそ10年、止むことなき哲学的思考はついに「言語の限界」の地平をにらみ、自ら建設した巨大な「沈黙」の体系に挑み始める。
ウィトゲンシュタイン後期思想を繙く鍵である「教育学」。
コミュニケーションに内在する宿命的なパラドクスを解きほぐし、「教えること」の意味を根底から問い直す。
私と世界の限界を超えて、他者に触れうる可能性を提示する意欲作。

著者プロフィール

渡邊 福太郎(ワタナベ フクタロウ)

1981年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業、東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。博士(教育学)。現在、慶應義塾大学文学部助教。専門は教育哲学・教育思想。共著書に『西洋教育思想史』(慶應義塾大学出版会、2016年)、論文に「言語ゲームへのイニシエーションとしての教育」(『教育哲学研究』第104号、2011年)、共訳書にシュネーデルバッハ『ドイツ哲学史 1831-1933』(法政大学出版局、2009年)、ヴィンセント『マス・リテラシーの時代』(新曜社、2011年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

プロローグ

第1章 ウィトゲンシュタインと教育学
 1 問題の設定
 2 ウィトゲンシュタインと分析的教育哲学
 3 教育学におけるウィトゲンシュタイン研究

第2章 教育の言語ゲーム
 1 言語ゲームの両義性
 2 原初的言語ゲームへの懐疑
 3 教育の言語ゲームの特質

第3章 イニシエーションと訓練
 1 イニシエーションと学習のパラドクス
 2 訓練をめぐる対立
 3 訓練の原初性

第4章 言語・事物・規範性
 1 直示的定義のパラドクス
 2 懐疑論をめぐる対立
 3 直示的定義における言語と事物

第5章 子どもの他者性
 1 ウィトゲンシュタインのパラドクス
 2 規則のパラドクス
 3 教育可能性と他者性

第6章 語りえぬものの伝達
 1 ウィトゲンシュタインの自我論
 2 自我の確実性と不確実性
 3 語りえぬものの伝達可能性

第7章 教育と言語の限界
 1 蝶番のパラドクス
 2 蝶番をめぐる対立
 3 教育学的観点の深化

エピローグ


 註
 あとがき
 文献
 索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。