大学出版部協会

 

 編集文献学入門テクストとは何か

テクストとは何か 編集文献学入門

A5判 274ページ 並製
価格:2,420円 (消費税:220円)
ISBN978-4-7664-2280-1 C3000
奥付の初版発行年月:2015年10月 / 発売日:2015年10月下旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

▼テクストを疑え!
印刷されたテクスト、検索されたテクストをより主体的に、より深く楽しく読み解くための知の技法。

一度成立したテクストは、それ自体が一人歩きして、あたかも確固とした権威をそなえているかのように錯覚させます。それらは、どれを用いても大丈夫なように見えます。しかし、テクストとはそもそも何かを意識し、心得をもって臨まないかぎり、私たちはテクストに裏切られ、使いそこなってひどい目にあうことでしょう。その結果、どんなテクストも信用できない、意味がない、などと過剰な嫌悪を抱いても、なんの得にもなりません。むしろ「テクストを疑う」という健全な態度をもって技法を培いながら、それぞれのテクストに向かっていくしかないのです。

印刷されたテクスト、情報で検索されたテクストはそのまま受け取ってはならず、読者として主体的に読み解く必要があります。そこでは、複数の接し方、読み方の可能性が現れることでしょう。しかし、相対主義に立って、どんな読みをしても構わないということにはなりません。開かれたテクストへの接近をつうじて、一定の作法にのっとった蓋然性、つまりな解釈へと進むことが、テクストを読むということなのです。

著者プロフィール

明星 聖子(ミョウジョウ キヨコ)

埼玉大学大学院人文社会科学研究科教授(ドイツ文学)。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。
主要業績:『新しいカフカ ―― 「編集」が変えるテクスト』(慶應義塾大学出版会、2002年)、『カフカらしくないカフカ』(慶應義塾大学出版会、2014年)。

納富 信留(ノウトミ ノブル)

慶應義塾大学文学部教授(西洋古代哲学・西洋古典学)。ケンブリッジ大学古典学部(Ph.D)。
主要業績:『プラトン 理想国の現在』(慶應義塾大学出版会、2011年)、『プラトンとの哲学 ―― 対話篇をよむ』(岩波新書、2015年)。

上記内容は本書刊行時のものです。

[編者]
明星聖子(みょうじょう きよこ)
埼玉大学大学院人文社会科学研究科教授(ドイツ文学)。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。

納富信留(のうとみ のぶる)
慶應義塾大学文学部教授(西洋古代哲学・西洋古典学)。ケンブリッジ大学古典学部(Ph.D)。

[執筆者](※掲載順)
矢羽々崇(やはば たかし)
獨協大学外国語学部教授(近現代ドイツ文学)。上智大学大学院文学研究科後期博士課程修了。博士(文学)。
主要業績:『詩作の個人性と社会性 ―― ヘルダーリンの詩「追想」』(近代文芸社、1997年)、『「歓喜に寄せて」の物語 ―― シラーとベートーヴェンの「第九」』(現代書館、2007年)。

伊藤博明(いとう ひろあき)
埼玉大学大学院人文社会科学研究科教授(芸術論・思想史)。北海道大学大学院文学研究科博士後期課程中退。
主要業績:『綺想の表象学 ―― エンブレムへの招待』(ありな書房、2007年)、『ルネサンスの神秘思想』(講談社学術文庫、2012年)。

松田隆美(まつだ たかみ)
慶應義塾大学文学部教授(中世英文学、思想史)。ヨーク大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。
主要業績:『ヴィジュアル・リーディング ―― 西洋中世におけるテクストとパラテクスト』(ありな書房、2010年)、『ロンドン物語 ―― メトロポリスを巡るイギリス文学の700年』(共編著、慶應義塾大学出版会、2011年)。

北島玲子(きたじま れいこ)
上智大学文学部教授(ドイツ文学)。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。博士(文学)。
主要業績:『終わりなき省察の行方 ―― ローベルト・ムージルの小説』(上智大学出版、2010年)、『〈新しい人間〉の設計図 ―― ドイツ文学・哲学から読む』(共著、青灯社、2015年)。

井出新(いで あらた)
慶應義塾大学文学部教授(初期近代英文学)。明治学院大学大学院文学研究科単位取得退学。
主要業績:『シェイクスピア大全』(共編、新潮社、2003年)、『シェイクスピアと演劇文化』(共著、研究社、2012年)。

松原良輔(まつばら りょうすけ)
埼玉大学大学院人文社会科学研究科教授(ドイツ語圏の文学と文化)。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。
主要業績:「未来に埋めこまれた過去 ―― ワーグナーとゼンパーの夢見たギリシアをめぐる一試論」(『年刊ワーグナー・フォーラム2007』、東海大学出版会、2007年)、「ヴァーグナーとグランド・オペラ ―― 《リエンツィ》を中心に」(日本独文学会研究叢書105『ヴァーグナーの舞台作品におけるドラマ性』、2014年)。

中谷崇(なかたに たかし)
横浜市立大学国際総合科学部准教授(現代アメリカ小説)。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。
主要業績:「第10章 フォークナーと南部農本主義の距離 ―― 「分かりやすさ」を欠く「大衆小説」という逆説」『アメリカ文学のアリーナ ―― ロマンス・大衆・文学史』(平石貴樹、後藤和彦、諏訪部浩一編、松柏社、2013年、296-324頁)、「ウィリアム・フォークナーとジョン・アップダイクに見る「土地の感覚」と「歴史的感覚」」『フォークナー』第15号(2013年4月):35-48頁(松柏社、日本ウィリアム・フォークナー協会刊)。

Thomas Pekar(トーマス・ペーカー)
学習院大学文学部ドイツ語圏文化学科教授(異文化間ゲルマニスティク)。近現代ドイツ文学教授資格審査合格(Habilitation)。
主要業績:“Kulturkontakte. Szenen und Modelle in deutsch-japanischen Kontexten,” hg. zusammen mit Yuichi Kimura, Bielefeld: Transcript Verlag 2015; “Flucht und Rettung. Exil im japanischen Herrschaftsbereich (1933-1945),” Berlin: Metropol Verlag 2011.

目次

序 編集文献学とは何か   明星聖子

Ⅰ 古典とは何か
 第1章 西洋古典テクストの伝承と校訂
 ―― プラトン『ポリテイア(国家)』   納富信留
 第2章 著作集編集と「古典」の成立
 ―― ゲーテ『若きウェルテルの悩み』   矢羽々崇

Ⅱ 聖典とは何か
 第3章 聖なるテクストを編集する
 ―― 新約聖書   伊藤博明

Ⅲ 作品とは何か
 第4章 ヨーロッパ中世の俗語文学
 ―― チョーサー『カンタベリー物語』   松田隆美
 第5章 可能態としてのテクスト
 ―― ムージル『特性のない男』   北島玲子

Ⅳ 上演とは何か
 第6章 演劇テクストの作者は誰?
 ―― シェイクスピア『ハムレット』   井出 新
 第7章 歌劇の「正しい」姿?
 ―― ワーグナー《タンホイザー》   松原良輔

Ⅴ 作者とは何か
 第8章 モダニズムのテクスト
 ―― フォークナー『響きと怒り』   中谷 崇
 第9章 遺稿編集の問題
 ―― ニーチェ『権力への意志』   トーマス・ペーカー(矢羽々崇
 訳)

 終 章 テクストとは何か
 ―― カフカの遺稿   明星聖子

  結   テクストを読み解く技法   納富信留

  人名索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。