大学出版部協会

 

 国策グラフ誌『写真週報』とその時代戦時日本の国民意識

叢書 21COE-CCC 多文化世界における市民意識の動態36
戦時日本の国民意識 国策グラフ誌『写真週報』とその時代

玉井清:編
A5判 480ページ 上製
定価:4,600円+税
ISBN978-4-7664-1462-2 C3331
奥付の初版発行年月:2008年01月

内容紹介

戦時中、政府のプロパガンダを国民にわかりやすくアピールする目的で、昭和13年2月から20年7月まで発行されていた国策グラフ雑誌『写真週報』を初めて総合的に分析。300を超える画像を紹介しつつ、テーマ別のアプローチにより、そこから読みとれる当時の政策、国民の生活や意識を立体的に描き出す。


玉井 清(たまい きよし)
慶應義塾大学法学部教授。法学博士。
1959年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程修了。
主要業績に、『原敬と立憲政友会』(慶應義塾大学出版会、1999年)、『帝大新人会研究』(共著、慶應義塾大学法学研究会叢書、1997年)、『満州事変の衝撃』(共著、勁草書房、1996年)、『大麻唯男』(共著、財団法人櫻田会、1996年)など。

清水 唯一朗(しみず ゆいちろう)
慶應義塾大学総合政策学部専任講師。博士(法学)。
1974年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得。
主要業績に、『政党と官僚の近代——日本における立憲統治構造の相克』(藤原書店、2007年)、『オーラル・ヒストリー入門』(共著、岩波書店、2007年)、『宰相たちのデッサン』(共著、ゆまに書房、2007年)など。

小田 義幸(おだ よしゆき)
慶應義塾大学大学院法学研究科特別研究助教。椙山女学園大学講師。
1976年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学。
主要業績に、「占領初期における食糧危機と食糧管理強化の政治過程」『法学政治学論究』第61号(2004年)、「占領初期における食糧管理強化と帝国議会」『法学政治学論究』第69号(2006年)、「第23回総選挙における日本社会党躍進の組織的要因」寺崎修・玉井清編『戦前日本の政治と市民意識』(慶應義塾大学出版会、2005年)など。

岩村 正史(いわむら まさし)
慶應義塾大学法学部講師。博士(法学)。
1973年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程修了。
主要業績に、『戦前日本人の対ドイツ意識』(慶應義塾大学出版会、2005年)、『主要国政治システム概論 改訂版』(共著、慶應義塾大学出版会、2005年)、「『写真週報』のナチス・ドイツ観」『メディア史研究』第22号(2007年)など。

奥 健太郎(おく けんたろう)
武蔵野大学現代社会学部講師。博士(法学)。
1972年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程修了。
主要業績に、『昭和戦前期立憲政友会の研究——党内派閥の分析を中心に』(慶應義塾大学出版会、2004年)、「翼賛選挙と翼賛政治体制協議会——その組織と活動」寺崎修・玉井清編『戦前日本の政治と市民意識』(慶應義塾大学出版会、2005年)、「第2回参議院選挙と自由党——参議院政党化の一分析」『年報政治学』2006年度第2号(2007年)など。

門松 秀樹(かどまつ ひでき)
慶應義塾大学法学部講師。博士(法学)。
1974年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学。
主要業績に、『近代日本の政治』(共著、法律文化社、2006年)、「幕末における民間の政治情報」笠原英彦編『近代日本の政治意識』(慶應義塾大学出版会、2007年)、「開拓使における旧箱館奉行所吏員の『中継』性に関する考察」『法学研究』第80巻第6号(2007年)など。

靏岡 聡史(つるおか さとし)
慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程。日本学術振興会特別研究員。
1977年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科前期博士課程修了。
「満州事変と鉄道復興問題——瀋海線を巡る関東軍・満鉄・満州青年連盟」『法学政治学論究』第70号(2006年)など。

目次

 巻頭言       安西祐一郎  
 刊行にあたって   小林 良彰
 序         玉井清

第1章 国策グラフ『写真週報』の沿革と概要   清水唯一朗
 はじめに
 Ⅰ 『写真週報』はどのように作られたのか
 Ⅱ 『写真週報』の誌面構成とその変遷
 Ⅲ 『写真週報』はどのように読まれたのか
 おわりに

第2章 『写真週報』に見る食糧問題    小田義幸
 はじめに
 Ⅰ 供給不安の払拭と節米意識の浸透
 Ⅱ 全国民への食糧増産奨励と戦時食生活の浸透
 Ⅲ 国民皆農と自力更生の徹底
 おわりに

第3章 『写真週報』に見る模範的国民生活    小田義幸
 はじめに
 Ⅰ 民需抑制意識の涵養
 Ⅱ 戦時意識の扶植と戦時経済への協力要請
 Ⅲ 犠牲的耐乏生活の実践
 おわりに

第4章 『写真週報』に見る民間防空    岩村正史
 はじめに
 Ⅰ 日中戦争下における民間防空
 Ⅱ 欧州における都市空襲とその影響
 Ⅲ 太平洋戦争突入と『時局防空必携』改訂
 Ⅳ 防空法第二次改正と疎開の推奨
 おわりに

第5章 『写真週報』に見る労務動員   奥 健太郎
 はじめに
 Ⅰ 労務問題の浮上——昭和13年〜15年
 Ⅱ 労働力不足の深刻化——昭和16年〜18年前半
 Ⅲ 労務動員の全面化——昭和18年後半〜19年7月  
 Ⅳ 崩壊する戦時体制——昭和19年7月〜終刊
 おわりに

第6章 『写真週報』に見る「健民運動」   奥 健太郎
 はじめに
 Ⅰ 体力向上 
 Ⅱ 病気予防 
 Ⅲ 人口増産
 おわりに

第7章 『写真週報』に見る学生・生徒・児童   奥健太郎・靏岡聡史
 はじめに
 Ⅰ 学徒勤労動員
 Ⅱ 兵力動員
 Ⅲ 科学・航空教育
 おわりに

第8章 『写真週報』に見る戦局報道と軍事情報   門松秀樹
 はじめに
 Ⅰ 大本営発表と戦局報道
 Ⅱ 戦局の推移と『写真週報』における報道
 おわりに

第9章 『写真週報』に見る東アジア観   靏岡聡史
 はじめに
 Ⅰ 日中戦争期における東アジア
 Ⅱ 太平洋戦争勃発後における東アジア
 おわりに

第10章 『写真週報』に見る英米観とその変容   玉井清
 はじめに
 Ⅰ 日中戦争下の英米観 
 Ⅱ 日米開戦後、日本攻勢下の米英観
 Ⅲ 米軍反攻下の米英観
 おわりに 

第11章 『写真週報』に見るドイツ観   岩村正史
 はじめに
 Ⅰ ドイツ関連写真記事の分類と全体的傾向
 Ⅱ 友好国イメージの強調と批判の封印
 Ⅲ 「若きドイツ」のイメージ
 Ⅳ 軍事的な「強さ」の強調
 おわりに

 あとがき
 図版一覧
 索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。