大学出版部協会

 

日本の市民社会におけるNPOと市民参加

叢書 21COE-CCC 多文化世界における市民意識の動態34
日本の市民社会におけるNPOと市民参加

羅一慶:著
A5判 324ページ 上製
定価:3,800円+税
ISBN978-4-7664-1460-8 C3331
奥付の初版発行年月:2008年01月

内容紹介

集団行為のジレンマ問題を克服するための制度は、どのように設計、運営され、発展してきたのか。神奈川県の生活クラブを事例に、合理的選択論と合理的選択新制度論の観点から、NPOと市民参加との相互作用のメカニズムを検討する。


羅一慶(ラ・イルキョン)
中京大学総合政策学部専任講師
1967年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学。博士(法学、慶應義塾大学)。明治学院法学部、聖学院大学政治経済学部、慶應義塾大学法学部の非常勤講師を経て、2005年から現職。専攻は政治学(政治参加論、市民社会論、NPO論)。
主要著作に、「日本におけるソーシャル・キャピタルと住民意識」(小林良彰編『地方自治体をめぐる市民意識の動態』(慶應義塾大学出版会、2005年))、「日本の直接民主主義制度の政治社会的意義と市民社会の課題」漢陽大学第3セクター研究所『市民社会とNGO』第4券第2号(2006年、韓国語)、「信頼、信頼性、そして政治活動における協力類型」『選挙学会紀要』第8号(2007年)、「地域政党の制度的基盤と集合行為のジレンマ問題——生活クラブ運動グループの事例を中心に——」漢陽大学第3セクター研究所『市民社会とNGO』第4券第2号(2007年、韓国語)など。

目次

 巻頭言      安西祐一郎
 刊行にあたって  小林良彰

第1章 はじめに
 Ⅰ 研究の目的
 Ⅱ 分析方法
 Ⅲ 本書の構成

第2章 社会ネットワークと集合行為のロジック
 Ⅰ はじめに:集団行為のジレンマ
 Ⅱ 日常生活を基盤とする集合行為のロジック
 Ⅲ 集合行為の組織化戦略
 Ⅳ 組織化された集合行為の資源
 Ⅴ おわりに

第1部 ミクロレベルからマクロレベルへの分析
 第3章 相互信頼システムとしての参加型の相互扶助組織
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ ソーシャルキャピタル、資源交換システム、信頼
 Ⅲ 相互信頼システムの形成過程
 Ⅳ 考察と結論

 第4章 協同組合型NPOと制度変化の経路依存性
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 制度変化の理論
 Ⅲ 利益集団的な市民社会とオルタナティブ市民社会の制度
 Ⅳ 生活クラブの制度変化と経路依存性
 Ⅴ 適応効率的な経路依存
 Ⅵ 組織フィールドの適応的効率性と地域協同組合社会
 Ⅶ おわりに:マネージメントからメンバーシップへ

第2部 マクロレベルからミクロレベルへの分析
 第5章 政治参加における協力類型と政治的特性
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ ステップ・レベル型の公共財問題と協力類型
 Ⅲ 分析デザイン
 Ⅳ ボランタリーな組織と政治活動における協力類型
 Ⅴ おわりに

 第6章 不満、協力規範、そして合理的選択
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 理論的問題提起
 Ⅲ 決定フレームに関する分析モデル
 Ⅳ 神奈川生活クラブのネットワークの形態的特徴
 Ⅴ NPO加入の政治的動員効果に関する総合モデル
 Ⅵ 研究デザイン
 Ⅶ 分析結果
 Ⅷ おわりに

 第7章 不満、表現的な選択的便益、そして合理的選択
 Ⅰ 研究目的
 Ⅱ 参加の期待効用はどのように計算されるのか
 Ⅲ 作業仮説
 Ⅳ 分析手法
 Ⅴ 分析結果
 Ⅵ おわりに

第8章 結論
 Ⅰ 要約と理論的知見
 Ⅱ 生活クラブからのメッセージ
 Ⅲ 今後の課題

参考文献
あとがき
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。