大学出版部協会

 

 腕木通信からインターネット・ガバナンスまで国際電気通信市場における制度形成と変化

国際電気通信市場における制度形成と変化 腕木通信からインターネット・ガバナンスまで

A5判 308ページ 上製
定価:4,500円+税
ISBN978-4-7664-1425-7 C3036
奥付の初版発行年月:2007年09月

内容紹介

 ナポレオン戦争時代の腕木通信に国際電気通信市場の秩序の原型を探り、制度変化の歴史からインターネット・ガバナンスの意味を明らかにする。


西岡洋子(にしおか ようこ)
駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部准教授
2007年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了。博士(政策・メディア)。(社)海外コンサルティング企業協会、NTT America, Inc.、(株)情報通信総合研究所を経て、2006年から現職。専攻はメディア政策論、メディア産業論。
主要著作に、『放送メディアの経済学』(菅谷実・中村清編、共著、中央経済社、2000年)、『映像コンテンツ産業論』(菅谷実・中村清編、共著、丸善、2002年)、『情報通信アウトルック2004 ブロードバンドビジネスの飛躍』((株)情報通信総合研究所編、共著、NTT出版、2004年)など。

目次

はじめに
序章 研究の概要
 第1節 研究の問題意識と目的
 第2節 研究対象とアプローチ
 第3節 本書の構成
 
第1部 理論編
第1章 分析アプローチの選択
 第1節 国際電気通信分野における制度状況に関する既存研究
 第2節 制度研究と比較制度分析アプローチ
 第3節 国際レジームとは
 第4節 本研究のアプローチの妥当性

第2章 国際電気通信に関する制度と分析枠組み
 第1節 ネットワーク産業としての電気通信産業
 第2節 国際電気通信連合(ITU)
 第3節 相互接続
 第4節 資源配分
 第5節 不均衡是正
 第6節 分析枠組み

第2部  分析編
第3章 誕生期
 第1節 電信発明以前
 第2節 電信の発明と普及
 第3節 地域連合:独墺電信連合、西部欧州電信連合
 第4節 まとめ

第4章 成長期
 第1節 バンコク電信連合の発足と国際電気通信レジームの始まり
 第2節 電話の発明と国際諮問委員会の設立
 第3節 国際無線電信連合の発足と万国電信連合との統合によるITUの成立
 第4節 まとめ

第5章 安定期
 第1節 ITUの国連専門機関化と組織改革


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。