大学出版部協会

 

異文化接触から見る市民意識とエスニシティの動態

叢書 21COE-CCC 多文化世界における市民意識の動態24
異文化接触から見る市民意識とエスニシティの動態

A5判 288ページ 上製
定価:3,600円+税
ISBN978-4-7664-1416-5 C3336
奥付の初版発行年月:2007年09月

内容紹介

 タイでの数次にわたる現地調査から、異文化接触の場としての「エスニック・ツーリズム」がローカル社会の民族間関係に与える影響を明らかにする。


石井香世子(いしい かよこ)
名古屋商科大学外国語学部准教授
1975年生まれ。2005年慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程修了。
博士(社会学)。専攻は社会学(エスニシティ論)。

目次

はじめに
 I 研究の背景と意義
 II 本書の構成
 III 調査手法
 IV 調査地の概要
 V 用語解説

第1章 エスニック・ツーリズムと「真正な文化」の語り手:既存研究のまとめ
 I 「演出された本物」としてのエスニック・マイノリティらしさ
 II 「演出された本物」と「真正な本物」
 III イメージのつくり手は誰か
 IV エスニック・イメージをめぐる観光ミドルマンの役割
 V 国家とエスニック・ツーリズム
 VI ローカルな人々による観光イメージの飼いならし
 VII ローカルな人々の間の主体の多様性

第2章 政治的概念としての「山地民」
 I 近代化以前の北タイにおけるエスニシティ状況
 II 国民国家の創設と「主流民族」の創出
 III 官製「山地民」概念の創出
 IV 「遠隔地域」の開発と「山地民」イメージの醸成
 V 博物館展示に見る「山地民」イメージ表象

第3章 観光資源としての「山地民」
 I タイの経済開発政策と観光
 II タイにおける観光推進政策の変遷
 III タイの国際政治と観光
 IV 観光振興政策の推進
 V 地方における観光開発の普及
 VI 観光資源としてのトレッキング・ツアー
 VII 観光イメージとしての「山地民」らしさ

第4章 イメージ管理者としての国家
 I トレッキング・ツアーの利益配分構造
 II ツアーガイド資格の取得システム
 III 旅行代理店の運営資格システム
 IV イメージのつくり手と権威

第5章 イメージ提唱者としてのミドルマン
 I 「ローカルな人々」としてのツアーガイド
 II 観光客の視点と「ローカルな人々」の視点のあいだ
 III 「都会人」としてのツアーガイド
 IV ツアーガイドが語るエスニック・イメージの多面性
 V 主流民族を演じる「山地民」ミドルマン
 VI 「山地民らしさ」を提示する主流民族ミドルマン
 VII 客体化された「主流民族らしさ」を演じるミドルマン
 VIII エスニック・ヒエラルキーを越える手段としての「山地民」らしさ
 IX エスニック・ツーリズムにおける自己表象

第6章 イメージを再生産する「山地民」
 I 「我々の記憶」に溶け込む観光イメージ
 II 「自文化」発信と「我々」意識の醸成

第7章 「山地民」イメージを担える人/担えない人
 I 「我々」カテゴリーをめぐる認識のズレ
 II 主流民族の視座と観光ミドルマン
 III 観光客自身の立場による山地民認識の多様性
 IV 「山地民」による「山地民」認識の多様性
 V 「我々」の中枢を担うもの

おわりに


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。