大学出版部協会

 

句題詩研究

Series of Centre for Integrated Research on the Mind
句題詩研究

B5判変型 192ページ 並製
定価:4,000円+税
ISBN978-4-7664-1391-5 C3392
奥付の初版発行年月:2007年06月

内容紹介

忘れられていた日本の美が甦る。
▼平安時代に宮廷で大流行した「句題詩」は、ある時期から忘れ去られ、今日までその実態は謎につつまれていた。本書は、「句題詩」をさまざまな面から検討することで、 和歌とならんで〈日本の美〉を表現する方法であった、この「忘れられていた伝統」を明らかにした論文集である。


【編者】
佐藤道生(さとう みちお)
1955年生まれ。慶應義塾大学文学部教授

【執筆者】
ヴィーブケ・デーネーケ(Denecke, Wiebke)
1971年生まれ。コロンビア大学バーナード校アジア中東文化学部助教授

山田尚子(やまだ なおこ)
1967年生まれ。熊本県立大学文学部非常勤講師

本間洋一(ほんま よういち)
1952年生まれ。同志社女子大学学芸学部教授

目次

序  言    佐藤道生

句題詩概説    佐藤道生

句題詩の展開—「漢-詩」から「和-詩」へ—    ヴィーブケ・デーネーケ

『詩序集』の破題表現と『和漢朗詠集』    山田尚子

平安後期の題詠と句題詩—その構成方法に関する比較考察—    佐藤道生

『童蒙綴詞抄』について—付・本文翻刻—    本間洋一


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。