大学出版部協会

 

SFCという「融合の現場」コラボレーション!

SFCという「融合の現場」コラボレーション!

B5判変型 208ページ 並製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-7664-1384-7 C4
奥付の初版発行年月:2007年05月

内容紹介

学際複合領域研究の新たなスタイルを提示する。
相互浸透の臨界点を探る、研究の新しいかたち、SFCの“コラボレーション”。
学際複合領域研究の先駆者、SFCという「現場」で起こった、 個々の研究領域の融合と、そこから示された鮮やかな未来的ビジョンとは?  コラボレー ション研究を促進する「3層串刺しモデル」とは? 答えはすべて本書の中に!


【編者】
徳田英幸 TOKUDA Hideyuki
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科委員長兼環境情報学部教授。同大学院工学研究科修了。ウォータールー大学Ph.D.。カーネギーメロン大学計算機科学科研究准教授などを経て現職。ユビキタス環境を実現するためのシステム技術、ソフトウェアの研究・開発などに携わる。著書に『ディジタルメディア革命 21世紀の人間/社会/教育』(共著、慶應義塾大学出版会、1998)などがある。1952年生まれ。

村井 純 MURAI Jun
慶應義塾常任理事・慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科委員兼環境情報学部教授。同大学院理工学研究科博士課程終了。慶應義塾大学博士(工学)。東京大学大型計算機センター助手などを経て現職。コンピュータコミュニケーション、オペレーティングシステムの研究・開発などに携わる。著書に『インターネット』(岩波書店、1995)などがある。WIDEプロジェクト代表。1955年生まれ。

千代倉弘明 CHIYOKURA Hiroaki
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科委員兼環境情報学部教授。同大工学部卒業。東京大学博士(工学)。株式会社リコーなどを経て現職。Computer Aided Design、コンピュータグラフィックス、医学におけるCGの応用に関する研究に携わる。著書に『グラフィックス機能論 3-Dモデリング入門』(産業図書、1994)などがある。ラティス・テクノロジー株式会社取締役会長。1954年生まれ。

金子郁容 KANEKO Ikuyo
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授兼総合政策学部教授。同大工学部卒業。スタンフォード大学Ph.D.。ウィスコンシン大学計算機学科準教授、一橋大学教授などを経て現職。情報論、ネットワーク論、意思決定論などを通して、ボランタリーな組織原理を探る。著書に『ボランティア』(岩波書店、1992)『コミュニティ・ソリューション』(岩波書店、1999)など多数。1948年生まれ。

目次

はじめに  徳田英幸
SFCの風景

1章 コラボレーションから生まれる未来研究
 Case No.1「moi」「COLORS」都市環境におけるメディアデザイン
 Case No.2「Airy Notes」自然環境の視覚化と分析
 Case No.3「VNCS」医療環境を拡張するネットワークシステム形成
 Case No.4「IS2」教育環境を革新する知識の共有と創発

2章 未来を創る3層研究
 □「人にやさしい情報環境の構築」次世代インフラ基盤グループ
   次世代情報環境の実現に向けて——村井純
   次世代情報インフラストラクチャにおける
    「遍在性」の追求/「可用性」の追求/「安全性」の追求 
 □「基盤技術研究と応用プロトタイプの構築」次世代応用基盤グループ
   人を中心とした新しい情報技術の構築へ——千代倉弘明
   ITと人とのインタラクションにおける
    身体と情報/知能モデル/メディアデザイン
 □「ソーシャルソリューションの実験と実践」先端的な基盤実証グループ
   技術イノベーションと社会イノベーション——金子郁容
   ソーシャルソリューションにおける
    組織ガバナンス/環境とスペースマネジメント/学習と教育

3章 コラボレーションの構造
 コラボレーションを生み出す基盤と文化 
 次世代メディア・知的社会基盤におけるコラボの実践
 COEを通じて見えてきたコラボレーションモデル——徳田英幸

4章 [鼎談]コラボレーションは、次世代の研究スタイルになりうるか
   21世紀COEプログラム「次世代メディア・知的社会基盤」の成果をもとに考える
   徳田英幸|金子郁容|千代倉弘明

Appendix「次世代メディア・知的社会基盤」プロジェクト——徳田英幸


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。