大学出版部協会

 

刑事訴訟法講義

刑事訴訟法講義

安冨潔:著
A5判 432ページ 上製
定価:3,400円+税
ISBN978-4-7664-1367-0 C3032
奥付の初版発行年月:2007年06月

内容紹介

変革著しい刑事司法制度。最新刑訴法を理解する最適書!

即決裁判制度、被疑者の国選弁護人等、最新の刑訴法改正はもちろん、平成19年刑訴
法改正を補綴し,刑事訴訟法の基本を解説した第2刷。判例を多数収録、平成18年末
までの最新重要判例まで網羅。


安冨潔(やすとみ きよし)
慶應義塾大学大学院法務研究科・法学部教授
1950年生まれ。1974年慶應義塾大学法学部卒業、1976年同大学大学院法学研究科修士課程修了、1979年同博士課程単位取得退学、1990年博士(法学)(慶應義塾大学)、1993年弁護士登録。
主要著書:『刑事訴訟法』(Sシリーズ)〔第4版〕(共著、有斐閣、2006年)、『やさしい刑事訴訟法』〔第5版〕(法学書院、2005年)、『擬律判断ハンドブック刑法編』(東京法令出版、2005年)、『犯罪はどのようにして裁かれるか—市民から見る刑事手続』(共著、青林書院、2003年)、『演習講義刑事訴訟法』〔第2版〕(法学書院、2001年)、『ハイテク犯罪と刑事手続』(慶應義塾大学法学研究会叢書、2000年)、『演習講座捜査手続法』(立花書房、1994年)他

目次

序章 刑事訴訟法の意義と目的
第1章 刑事手続の関与者
第2章 捜査
第3章 捜査の端緒
第4章 逮捕・勾留
第5章 捜査・押収
第6章 被疑者・被告人及び参考人の取調べ
第7章 被疑者の防御活動
第8章 公訴の提起
第9章 訴因と公訴事実
第10章 第一審公判手続
第11章 証拠一般
第12章 違法収集証拠の証拠排除
第13章 自白の証拠能力と証明力
第14章 伝聞法則
第15章 共同被告人の供述
第16章 裁判
第17章 上訴
第18章 非常救済手続
第19章 刑事訴訟法の歴史と改正
判例索引
事項索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。