大学出版部協会

 

 作品からロシア世界へロシア文学への扉

ロシア文学への扉 作品からロシア世界へ

A5判 166ページ 並製
定価:2,200円+税
ISBN978-4-7664-1365-6 C3097
奥付の初版発行年月:2007年06月

内容紹介

最も読みやすいロシア文学入門書。
▼『黎明期から18世紀』、『19世紀』、『20世紀』の3つの時代に区切り、その時代の代表的作家の生涯、代表作品のストーリー、作品の背景などを見開きで紹介。ロシア文学に触れたいと思う人が最初に手に取るべき一冊。


金田一真澄(きんだいち ますみ)
1949年東京都に生まれる。早稲田大学文学研究科修士課程修了。東京大学人文科学研究科博士課程単位取得。1996年より慶應義塾大学教授。文学博士。
専攻:ロシア語学
主要著作:『ロシア語時制論』(三省堂、1994年)、『モスクワのロシア語入門』
(三省堂、2001年)、『ステップ30・1ヶ月速習ロシア語』(日本放送出版協会、2006年)

三浦清美(みうら きよはる)
1965年埼玉県に生まれる。東京大学人文科学研究科博士課程修了。1998年より電気通信大学准教授。
専攻:スラヴ文献学
主要著作:『ロシアの源流』(講談社メチエ叢書)

草野慶子(くさの けいこ)
1968年東京都に生まれる。早稲田大学大学院文学研究科ロシヤ文学専攻修士課程修了、同博士課程単位取得退学。早稲田大学文学学術院教授。
専攻:ロシア文学
主要著作:『ロシア恋愛小説の読み方(NHKカルチャーアワー「文学と風土」テキスト)』(日本放送出版協会、2004年)、『ロシア幻想小説の読み方(NHKカルチャーアワー「文学と風土」テキスト)』(日本放送出版協会、2005年)。共訳書『ユートピア旅行記叢書9 東欧・ロシア』(岩波書店、1998年)など。

佐藤千登勢(さとう ちとせ)
福島県に生まれる。上智大学外国語学部ロシア語科卒業。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。日本学術振興会特別研究員(PD)を経て、現在、慶應義塾大学、上智大学、獨協大学、早稲田大学非常勤講師。
専攻:ロシア文学、文学理論。
主要著作:博士論文『ヴィクトル・シクロスキイ 規範の破壊者』(2002年)。著書『シクロスキイ 規範の破壊者』(南雲堂フェニックス、2006年)、『DVDで愉しむロシアの映画』(東洋書店、2005年)。

前木祥子(まえき さちこ)
1954年神奈川県に生まれる。早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了、同博士課程単位取得。現在、慶應義塾大学、早稲田大学講師。
専攻:ロシア詩
主要著作:『パステルナーク』(清水書院、1998年)、『やさしいロシア語の決まり文句』(南雲堂、1989年)、共著、『しっかり学ぶロシア語』(ペレ出版、2004年)など。

目次

序章 ロシア文学に親しむために
 読書すること
 文学に触れること
 ロシア文学とロシア人

第1章 黎明期から18世紀のロシア文学
 中世ロシア文学に親しむにあたって
 年代記
 典型的な聖者伝文学
 政治的な聖者伝文学
 『イーゴリ遠征物語』と軍記物語
 聖書外伝(アポクリファ)
 『ムーロムのピョートルとフェヴローニアの物語』
 『イワン雷帝とクルプスキー公の往復書簡』
 『フロール・スコベーエフの物語』
 ロモノーソフとロシア・バロック
 カラムジーン『哀れなリーザ』とデルジャーヴィン『神』

第2章 19世紀のロシア文学
 『エヴゲーニイ・オネーギン』プーシキン
 『現代の英雄』レールモントフ
 『外套』ゴーゴリ
 『片恋』/『初恋』トゥルゲーネフ
 『罪と罰』ドストエフスキー
 『ムツェンスク郡のマクベス夫人』レスコーフ
 『アンナ・カレーニナ』トルストイ
 『桜の園』チェーホフ

第3章 20世紀のロシア文学
 20世紀の詩人
  ブローク
  アフマートワ
  マンデリッシュターム
  ツヴェターエワ
  マヤコフスキー
 『われら』ザミャーチン
 『巨匠とマルガリータ』ブルガーコフ
 『アルセーニエフの青春』ブーニン
 『ドクトル・ジバコ』パステルナーク
 『ジャン』プラトーノフ
 『セバスチャン・ナイトの真実の生涯』ナボコフ
 『伴奏者』ベルベーロワ
 『ガン病棟』ソルジェニーツィン
 『ヴェネツィア』ブロツキー
 『青い火影』ペレーヴィン

参考文献
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。