大学出版部協会

 

 個人・自治・国体福澤諭吉と自由主義

福澤諭吉と自由主義 個人・自治・国体

A5判 320ページ 上製
定価:4,000円+税
ISBN978-4-7664-1352-6 C3010
奥付の初版発行年月:2007年05月

内容紹介

「いかなる偉大な学者も、他の人々の信念に基づいた多くの考えを取り入れているのである」(トクヴィル)。

福澤諭吉は、19世紀の自由主義者たちから何を学んだのか。そして、自らの思想をどのように形成したのか。ミル、ギゾー、トクヴィルらの著作から福澤が受けた影響を明らかにし、近代日本への提言を倦むことなく続けたその思考の軌跡を、鮮やかに提示する。トクヴィル『アメリカのデモクラシー』福澤手沢本の再現を巻末に収載。


安西敏三(あんざい としみつ)
甲南大学法学部教授、法学博士、日本政治思想史専攻。
1948年愛知県に生まれる。1972年学習院大学法学部政治学科卒業。1979年慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。
〔主要著書〕『福沢諭吉と西欧思想—自然法・功利主義・進化論—』名古屋大学出版会、1995年。『福澤諭吉の法思想—視座・実践・影響—』(岩谷十郎、森征一との共編著)慶應義塾大学出版会、2002年。

目次

凡例

序 章 J・S・ミル『女性の隷従』との対話
    一 はじめに
    二 着眼箇所
    三 考  証
    四 おわりに

第一章 「独一個人の気象」考——福澤とギゾー、そしてミル——
    一 はじめに
    二 ギゾーにおける”individuality”
    三 ミルにおける”individuality”
    四 「独一個」と「気象」
    五 おわりに

第二章 国民(ネーション)の構想——ギゾー『ヨーロッパ文明史』福澤手沢本再読——
    一 はじめに
    二 「人民」と「国民」——その伝統的用法——
    三 「国民」の発見——ギゾー文明史を通して——
    四 おわりに

第三章 国体観念の転回——国体・政統・血統——
    一 はじめに
    二 維新前後の「国体」
    三 「ナショナリチ」としての「国体」
    四 「ポリチカル・レジチメーション」としての「政統」
    五 「ライン」としての「血統」
    六 おわりに

第四章 トクヴィル問題——政権と治権——
    一 はじめに
    二 「政府の政」と「人民の政」——「民権」の基底——
    三 「政権」と「治権」——トクヴィル問題(1)——
    四 「天稟の愛国心」と「推考の愛国心」——トクヴィル問題(2)——
    五 西南戦争と『アメリカのデモクラシー』——トクヴィル問題(3)——
    六 おわりに——その後の『アメリカのデモクラシー』——

第五章 バジョット問題——政治社外としての帝室——
    一 はじめに
    二 バジョットへの言及と引用
    三 明治憲法制定期におけるバジョット問題
    四 政治社外としての帝室
    五 おわりに

あとがき
索  引
参考史料 福澤手沢本A.d.Tocqueville, Democracy in America, Tr. by H.Reeve.再現


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。