大学出版部協会

 

福澤諭吉論の百年

Keio UP選書
福澤諭吉論の百年

四六判 336ページ 並製
定価:2,200円+税
ISBN978-4-7664-0732-7(4-7664-0732-6) C1323
奥付の初版発行年月:1999年06月

内容紹介

没後百年を迎えた福澤諭吉を、混迷の世紀末を超え、いまあらためて時代の「テキスト」としてひもとこうとする読者におくる、異色出色の福澤諭吉論18篇。『三田評論』創刊百年記念出版。


[編者]
西川俊作(にしかわ しゅんさく)
秀明大学教授、慶應義塾大学名誉教授、福沢諭吉協会常務理事。1932年滋賀県生まれ。著書に『経済学』、『日本経済の成長史』、『福沢諭吉と三人の後進たち』、『福沢諭吉の横顔』など。

松崎欣一(まつざき きんいち)
慶應義塾志木高等学校教諭、慶應義塾福澤研究センター副所長。1939年東京都生まれ。著書に『三田演説会と慶應義塾系演説会』、論文に「杉田玄白をめぐる人々」、「『慶安御触書』の諸本について—岩村藩とその周辺—」、「山本大膳に関わる五種の法令・教諭書類をめぐって」など。

目次

編者はしがき(西川俊作・松崎欣一)

I 哀悼、そして回想
哀悼 福澤諭吉 
 ジャパン・タイムズ 福澤諭吉氏逝く
 無名婦人の弔辞(一)
 無名婦人の弔辞(二)
 無名婦人の弔辞(三)
福澤翁の特性   国木田独歩
福澤先生と長沼村の関係   鎌田栄吉
痩我慢の説と栗本鋤雲   小泉信三
福澤先生の経済学説   滝本誠一
福澤先生の官民調和論   渡辺幾治郎
福澤先生誕生記念日に当りて   野口米次郎

II 著作を通じて
福沢諭吉の道徳観に於ける「利」と「情」の観念について   カーメン・E・ブラッカー
福澤先生とその国際政治論   岡 義武
『福翁自伝』の思い出   吉野秀雄
『文字之教』について   伊藤正雄
福澤諭吉との出合い
 『福澤全集緒言』のさとし(緒方富雄)
 感動した『福翁百余話』の一節(家永三郎)
 福澤関係埋没史料発掘私記(大久保利謙)
福澤諭吉編という幻の伊呂波辞書—『近代国語辞書の歩み』抄   山田忠雄
福澤諭吉と窮理学—忘れられた側面   辻村江太郎・西川俊作・柳井浩

III ジャーナリスト福澤
福澤諭吉とアジア   石坂巌・坂野潤治・梅垣理郎・内山秀夫
ヴェトナム近代における福澤諭吉と慶應義塾   玩章収・川本邦衛訳
「出版免許の課長」は本当に「大丈夫なる請人」であったか
 —明治七年の福澤批判に関する一史料   坂井達朗
福澤諭吉と新聞   内山秀夫

解説
I 「哀悼、そして回想」の七篇について(西川俊作)
II 「著作を通じて」の7篇について(松崎欣一)
III 「ジャーナリスト福澤」の四篇について(松崎欣一)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。