大学出版部協会

 

 過去の記憶と未来への展望(仮)水都としての東京とヴェネツィア

EToS叢書3
水都としての東京とヴェネツィア 過去の記憶と未来への展望(仮)

A5判 432ページ 並製
価格:4,950円 (消費税:450円)
ISBN978-4-588-78013-4 C1352
奥付の初版発行年月:2021年09月 / 発売日:2021年09月下旬

内容紹介

水の都として知られる江戸−東京とヴェネツィアの人びとは、古くより水とともに生き、文化・コミュニティを育み、経済活動を営んできた。建築学、歴史学、社会学、文学、ガバナンス、アートといった学問領域を横断し、二つの巨大な〈水都〉の過去・現在・未来を一望する論文集。生活が一変したコロナ禍の世界において、豊かでサスティナブルな都市の姿をふたたび描き出すための手がかりがここにある。



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。