大学出版部協会

 

 移民たちのヨーロッパ文化史あるヴァイオリンの旅路

あるヴァイオリンの旅路 移民たちのヨーロッパ文化史

四六判 366ページ 並製
価格:3,740円 (消費税:340円)
ISBN978-4-588-35235-5 C0022
奥付の初版発行年月:2021年02月 / 発売日:2021年02月下旬

内容紹介

偶然手に入れた無銘のヴァイオリンに愛着を感じた著者が、その来歴を探る旅を通してヨーロッパ300年の歴史を描く。気候変動、戦争、疫病、経済変化、器楽の発達、音楽史、文化史といった多面的歴史と、生きるために移民となりヨーロッパ文化を陰で支えた無名の人々の姿が、ひとつの楽器の中に浮かび上がる。推理小説のように展開する楽器の作者捜しの旅は、個人の記憶と壮大な歴史が絡み合い読者を迷宮に誘う。

著者プロフィール

フィリップ・ブローム(ブローム フィリップ)

(Philipp Blom)
1970年、ハンブルク生まれ。歴史学博士。歴史家、作家、ジャーナリスト。翻訳家としては、英語の自著をドイツ語に訳しているほか、オペラ台本などの翻訳も手がける。『手に入れることと死蔵すること 蒐集家と蒐集の秘史』(2002年)、『世界を啓蒙する 百科全書、歴史の流れを変えた本』(2005年)、『立ちくらむ歳月 西欧の変動と文化 1900-1914年』(2008年)、『邪悪な哲学者 パリのサロンと啓蒙主義の忘れられた遺産』(2011年)、『裂け目 西欧の暮らしと文化 1918-1938年』(2014年)、『たがの外れた世界 1570年から1700年までの小氷期および近代世界成立の歴史、ならびに現代の気候に関する考察若干』(2017年)、『大世界舞台 変革の時代における想像力について』(2020年)など著書多数(いずれも未邦訳)。ほかに長編小説、新聞・雑誌の論説、ラジオ番組など、多方面で活躍し、環境、政治など現代の問題にも積極的に発言している。ベストセラー作家の一人で、グライム文学賞はじめ受賞歴も豊富。

佐藤 正樹(サトウ マサキ)

1950年、愛知県生まれ。名古屋大学大学院文学研究科修士課程修了。広島大学名誉教授。博士(文学)。ドイツ文学・文化史。訳書に、ビルクナー編『ある子殺しの女の記録』(人文書院)、ファン・デュルメン『近世の文化と日常生活』(全3巻、鳥影社)、コンゼンツィウス編『大選帝侯軍医にして王室理髪師ヨーハン・ディーツ親方自伝』(白水社)、ボラージオ『死ぬとはどのようなことか』(みすず書房)など、共訳書に、ビルショフスキ『ゲーテ』(岩波書店)、マン『日記』(紀伊國屋書店)、デッカー『教皇と魔女』(法政大学出版局)、フロイント『冒険のバロック』(同)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

一挺のヴァイオリン
I 出会い
II リュートのへぎ板
III デン・ハーグ
IV 解 読
V 亡霊のひしめく町
VI 死の舞踏
VII ごつごつした石の世界
VIII ミラノ
IX 六つの独奏曲
X ロンドン
XI 山 師
XII 訛 り
XIII つながり
XIV ある種の弓形
XV パリ、挫折を乗り越えて
XVI ヴェネツィア
XVII ヘラクレスとその棍棒
XVIII 父親探し
XIX 指 標
XX ある工房
XXI 魂柱の亀裂
XXII 曲がりくねった小道
XXIII 顔の手がかり
XXIV フェティシズムについて
XXV 鋳掛屋横町
XXVI バッサーノ
XXVII お気に召すまま

 謝 辞
 訳 注
 訳者あとがき
 文献・図版一覧


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。