大学出版部協会

 

 外なき内を生きる思想ニーチェ

ニーチェ 外なき内を生きる思想

A5判 328ページ 上製
価格:4,070円 (消費税:370円)
ISBN978-4-588-15117-0 C1010
奥付の初版発行年月:2021年03月 / 発売日:2021年03月下旬

内容紹介

苦しみに満ちた「この生」に、救いを与えてくれるような外部はない。すべてがむなしく過ぎ去ってゆく仮象のごとき世界を、人はどのように肯定できるのか? ニーチェの生きた哲学的問いを、「夢」「自由」「意志」の主題に即して語り直し、ニヒリズムの克服を可能にする治療(セラピー)としての哲学の力を探る。実存の意味をめぐる、健康な哲学的思考にいざなう書。

著者プロフィール

梅田 孝太(ウメダ コウタ)

1980年、東京都生まれ。博士(哲学)。上智大学大学院哲学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、上智大学文学部哲学科ほか非常勤講師。共著書に『デリダと死刑を考える』(高桑和巳編著、白水社、2018年)、共訳書にJ.トラバント『人文主義の言語思想──フンボルトの伝統』(村井則夫・齋藤元紀・伊藤敦広監訳、岩波書店、2020年)、R. J.バーンスタイン『暴力──手すりなき思考』(齋藤元紀監訳、法政大学出版局、2020年)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 論 「外なき内」とは何か

第一部 夢の哲学者ニーチェ──初期著作における生成の問題

第一部のための予備考察

第一章 哲学者ニーチェの出発点
 第一節 生成という絶望
 第二節 ニーチェのアナクロニズム
 第三節 ニーチェ哲学の前形式

第二章 夢のなかでいかにして夢だと気づくか──『悲劇の誕生』における仮象の哲学
 第一節 『悲劇の誕生』のテーマ
 第二節 仮象感覚という出発点
 第三節 外なき内でいかにしてこれは仮象だと気づくか
 第四節 ディオニュソス的真理

第三章 歴史に内在する生──「生に対する歴史の利害」 における地平の問題
 第一節 ニーチェの歴史学批判
 第二節 想起と忘却は連動する
 第三節 外なき内としての地平

第二部 外なき内における自由──中期著作における必然性の問題

第二部のための予備考察

第一章 外なき内に自由はあるか──『人間的、あまりに人間的』と『曙光』における必然性の問題
 第一節 ニーチェの両立論をめぐって
 第二節 過去への妄執からの自由意志説の誕生──中期ニーチェの自由論のコンテクストについて
 第三節 外なき内における必然性の肯定
 第四節 ニーチェの両立論再説──過去との和解というモチーフについて

第二章 外なき内の世界の自然化──中期著作におけるニーチェの道徳批判
 第一節 『人間的、あまりに人間的』におけるエゴイズム
 第二節 『曙光』と『悦ばしき知識』における道徳の自然化の試み

第三章 セラピーとしての哲学──外なき内としての生の治療
 第一節 セラピーとしての哲学の伝統
 第二節 中期ニーチェ思想におけるエピクロス的ケア

第三部 ニーチェの意志の心理学──後期著作におけるニヒリズムの問題

第三部のための予備考察

第一章 なぜ世界は外なき内になったのか──ニヒリズムの成立をめぐって
 第一節 ニーチェのニヒリズム概念の由来
 第二節 外なき内としての生、あるいはニヒリズムの到来
 第三節 病者の光学という思考法

第二章 ニーチェによる意志の心理学──『善悪の彼岸』における霊魂論をめぐって
 第一節 外なき内を生きる肉体──ニーチェの心身二元論批判
 第二節 新しい霊魂論としてのニーチェ心理学
 第三節 一九世紀心理学とニーチェの意志の心理学

第三章 意志と解釈としての世界──ニーチェによる「この生」の肯定
 第一節 なぜ 「権力への意志」でなければならないのか
 第二節 外なき内としての生の否定──弱者とは何者か
 第三節 外なき内としての生の肯定──強者とは何者か

結 論

附論Ⅰ ニーチェによる価値転換の思想
 第一節 「神の死」と価値の多元性
 第二節 ニーチェは新しい価値を創造したのか
 第三節 生の肯定としての「価値の創造」

附論Ⅱ デリダの死刑論とニーチェ──罪と罰の脱構築に向けて
 第一節 『道徳の系譜学』はいかなる書物か
 第二節 デリダ・カント・ニーチェ
 第三節 「ニーチェ的身振り」が暴き出すもの
 第四節 認識者の自己認識の困難をめぐって

あとがき
参考文献
索 引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。