大学出版部協会

 

 強度と発生セックス

セックス 強度と発生

四六判 382ページ 上製
価格:4,180円 (消費税:380円)
ISBN978-4-588-13032-8 C0010
奥付の初版発行年月:2021年10月 / 発売日:2021年10月下旬

内容紹介

「もしも知性が線を引こうとするなら、思考はその線を越えて進もうとするだろう。理性が形式を司り、世界の至るところに仕切りを作ろうとするなら、思考は内容に沈潜し、実質の深奥に潜行する」──。法・制度、精神・身体、言語から、食、性、死、そして、生命の進化まで、既知の限界から未知の創出へ、思考を自由に駆動させる大胆不敵でユニークな哲学書の誕生。

著者プロフィール

サドッホ(サドッホ)

(Sadoch)

後藤 浩子(ゴトウ ヒロコ)

ダブリン大学トリニティカレッジPh.D.。現在、法政大学経済学部教授。専門は社会思想史。著作に、『〈フェミニン〉の哲学』(青土社、2006年)、「アイルランド共和主義と女性」(鳴子博子編『ジェンダー・暴力・権力──水平関係から水平・垂直関係へ』、晃洋書房、2020年)、「性愛はいかにして可能か──エロスの問いを探究する」(『岩波講座 哲学12:性/愛の哲学』、岩波書店、2009年)、『アイルランドの経験──植民・ナショナリズム・国際統合』(編著、法政大学出版局、2009年)など。

澤野 雅樹(サワノ マサキ)

明治学院大学大学院社会学研究科博士後期課程単位習得満期退学。現在、明治学院大学社会学部教授。専門は社会思想史、犯罪社会学。著作に、『ミルトン・エリクソン──魔法使いの秘密の「ことば」』(法政大学出版局、2019年)、『絶滅の地球誌』(講談社選書メチエ、2016年)、『起死回生の読書!──信じられる未来の規準』(言視舎、2016年)、『ドゥルーズを「活用」する!』(彩流社、2009年)、『不毛論──役に立つことのみじめさ』(青土社、2001年)、『記憶と反復──歴史への問い』(青土社、1998年)、『癩者の生──文明開化の条件としての』(青弓社、1994年)など。

矢作 征男(ヤハギ マサオ)

明治学院大学大学院社会学研究科博士後期課程単位習得満期退学。現在、関東学院大学非常勤講師。専門は、社会思想。著作に、『大物たちの日記を読む──そのとき、あの人は、何をしていたのか?』(編著、彩流社、2006年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 サドッホ、それは祭壇の贄か、さもなければ中性子星に糞を垂れる夢である

1 内在仮面かく語りき
   一日目 訪問者
   二日目 懊悩の人
   三日目 困却者
   四日目 討議者たちと道化
   五日目 仮面の人

2 言語の流体力学──指令語の射程について
   1 空隙から誰ともしれぬ者の呟きが……
   2 地表を這う波動
   3 シーニュの力学──中島らも曰く、「たとえば言葉というのはひとつの呪いだ」
   4 残酷の演劇と幼生の夢

3 ペニュルティエーム
   1 「少年」
   2 ペニュルティエーム
   3 内在性

4 セックス
 ⅰ 「力」への意志
   1 偶然の肯定への第一歩
   2 系統樹を措定しうる世界
   3 非平衡系の倫理学
   4 発生の場──多細胞化とロバスト性
   5 力の合成──膜とフォールディング
   6 速度の限界域──感染と自己
   7 性──生存と変異の蝶番
 ⅱ 食、性、死
   1 食と生殖の起源
   2 死のプログラムについて
   3 二つの死と内在性ウイルス遺伝子
 ⅲ 構造と倒錯
   1 退化の真実
   2 世界の構造
   3 婚姻──制度に覆われた自然
   4 欲望と倒錯
 ⅳ I am a bird now
   1 アダムの肋骨
   2 ノアの方舟
   3 地の獣、天の鳥

初出一覧


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。