大学出版部協会

 

 地上最強生物に恋してクマムシ研究日誌

フィールドの生物学
クマムシ研究日誌 地上最強生物に恋して

B6判 212ページ 並製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-486-01996-1 C1345
奥付の初版発行年月:2015年05月 / 発売日:2015年06月上旬

内容紹介

クマムシは緩歩動物門に分類される体長1mm以下の小さな生き物。一番の特徴は耐性力で、-273度の低温から100度の高温下、人の致死量の1,000倍相当の線量の放射線下など、様々なストレスに耐えられるとされる。こんなに可愛いけれど地上最強であるクマムシ。本書はクマムシに魅せられた著者の青春物語である。

著者プロフィール

堀川 大樹(ホリカワ ダイキ)

1978年生。北海道大学大学院地球環境科学研究科博士課程修了。地球科学博士。
NASA Ames Research center 研究員,AXAポスドクフェロー,パリ第五大学および仏国立衛生医学研究所研究員を経て,現在,慶應義塾大学SFC上席所員。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに   v

第1章 クマムシに出会うまで   1
 型破り教授   2
 クマムシとの出会い   4
 クマムシとの遭遇   6
 カーブのすっぽ抜けが真ん中やや高めに甘く入ってきた   9
  コラム クマムシとは   12
 クマムシの圧力耐性   15
 変な優越感   20
 クマムシの酒   22
 着手   25
 クマムシを誰かにやらせようと思っていた   29
 卒業研究   31

第2章 クマムシに没頭した青春の日々   35
 パワーエコロジー   36
 背中に深く刺さるナイフのような視線   37
  コラム クマムシの採集と観察   39
 運命のクマムシ   41
 このクマムシ何のクマムシ気になるクマムシ   44
 手なづけられたフェレットのように   48
 大学院生としてやっていけるという自信が確信へと変わる夏   50
 消えた学会発表資料   52
 国際クマムシシンポジウム二〇〇三   54
  コラム 人生最大のピンチ到来   58
 クマムシと橋本聖子選手における共通点についての考察   66
 ボゴールの奇跡   69
 熱帯育ちの眠り姫たちに待っていた過酷な試練   72
 クマムシを乾かそう   74
 研究人生の転機   77
 新天地   80
 オニクマムシの飼育   81
 オニクマムシの介護   83
  コラム つくばライフ   86
 ガンマ線照射施設に立ち入る   89
 イオン線照射施設TIARA   93
 クマムシ地獄   96
  コラム つくばの異次元タイ料理店   99
 飼い犬の鼻先をゆっくりと触れるように   101
 岩のような塊となって肩にのしかかる落胆   104
 最有力候補クマムシ   107
 クマムシ・レボリューション   110
 乾燥スケジュール異常なし   114
 横綱級の乾燥耐性   117
 命名「ヨコヅナクマムシ」   121
  コラム 乾燥耐性メカニズム   125
  コラム 乾燥すると縮まるクマムシの謎   127
 宇宙生物科学会議とタコス   129
 NASA進出への伏線   132
 クマムシのなかまの発見と二度目の居候   135
  コラム 真っ白に燃え尽きるのか   138
 クマムシゲノムプロジェクト始動   140
  コラム 乾眠クマムシの記憶   147

第3章 クマムシとNASAへ   151
 学振の生殺し   152
 九回の裏ツーアウトからの逆転サヨナラ   155
  コラム アカデミアで研究者になるには   158
  コラム 余剰博士問題について   160
 新天地2   162
  コラム アメリカでの宿探し   167
 クマムシ餌問題   169
  コラム ジョン(John)   175
 クマムシと宇宙生物学   177
  コラム 科学の啓蒙に大切なこと   181

第4章 クマムシ研究所設立の夢   185
 おもしろいことができれば、それでよい   186

おわりに   191
参考文献   196
索引   198


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。