大学出版部協会

 

 阿蘭陀外科医の源流をたどるオランダ絵画にみる解剖学

オランダ絵画にみる解剖学 阿蘭陀外科医の源流をたどる

A5判 288ページ
価格:6,380円 (消費税:580円)
ISBN978-4-13-086061-1 C3071
奥付の初版発行年月:2021年01月 / 発売日:2021年01月下旬

内容紹介

世界都市・アムステルダムでは外科職人「シルルゲイン」たちが学知と技術の先端を学び,若きレンブラントらがカンヴァスに描いた.これら絵画の謎解きから近代オランダ医学,外科学の黎明を再訪する.全書フルカラー.

著者プロフィール

フランク イペマ(フランク イペマ)

オランダ国立フローニンゲン大学

トーマス ファン ヒューリック(トーマス ファン ヒューリック)

オランダ国立アムステルダム大学

森 望(モリ ノゾム)

福岡国際医療福祉大学教授/長崎大学名誉教授

セバスティアン カンプ(セバスティアン カンプ)

上智大学大学院

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

日本語版への序文

序章 17/18世紀のアムステルダムにおける医療制度

1 セバスティアン・エグベルツェン[1]1601-1603
  解剖学講義の源流

2 セバスティアン・エグベルツェン[2]1619
  笑う骸骨:解剖は骨学から

3 ヨハン・フォンテイン 1625-1626
  伝え遺されゆく頭蓋標本

4 ニコラス・テュルプ 1632
  若きレンブラントの力作:前腕解剖の謎解き

5 ヨアン・デイマン 1656
  円熟期レンブラントの脳解剖:焼け跡からの復活

6 フレデリク・レウィス[1]1670
  ロシア皇帝を魅了した解剖学者

7 フレデリク・レウィス[2]1683
  小児解剖にみる繋がりゆく生命

8 ウィレム・ロエル 1728
  シルルゲイン組合組織の栄光と衰退

9 ペトルス・カンパー 1758
  解剖学から人類学へ:18世紀最強の解剖学者による頸部解剖

終章 シルルゲインの幹部たち

訳者あとがき(森 望)


Frank IJpma / Thomas van Gulik, Amsterdamse anatomische lessen ontleed,
Boom uitgevers, Amsterdam 2013を翻訳


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。