大学出版部協会

 

 日韓比較からみる医療化現象ホスピスで死にゆくということ

ホスピスで死にゆくということ 日韓比較からみる医療化現象

A5判 336ページ
価格:4,800円+税
ISBN978-4-13-066409-7 C3047
奥付の初版発行年月:2017年03月

内容紹介

人びとにとっての望ましい最期を支えるホスピスが,「医療化」によってどのように変化したのか.日本と韓国の医療者へのインタビュー調査を通じて,これからのホスピスのあり方や,当事者や家族の終末期ケアの意思決定と,社会の理解の必要性を丹念に提示する.


目次

序 章 死にゆくことの社会学

第I部 ホスピスを分析する視点と枠組み
第1章 ホスピスの「医療化」とは何か?
第2章 ホスピスの「医療化」への三つの過程

第II部 ホスピスの「医療化」の背景と実態
第3章 日韓ホスピスの歴史
第4章  制度化によるホスピスの「医療化」

第III部 ホスピスを推進する医療者の認識
第5章 ホスピス実践と運動
第6章 専門化と制度化
第7章 ホスピスの「医療化」と望ましいホスピス

終 章 ホスピスの構想にむけて

Dying in Hospice Care in Japan and Korea: A Comparative Study
Chizuru KABUMOTO


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。