大学出版部協会

 

 上野博士とハチ、そして人と犬のつながり東大ハチ公物語

東大ハチ公物語 上野博士とハチ、そして人と犬のつながり

四六判 236ページ
価格:1,800円+税
ISBN978-4-13-066162-1 C1045
奥付の初版発行年月:2015年03月

内容紹介

ハチと上野博士の新しい物語が始まる——忠犬ハチ公の没後80年,渋谷駅で飼い主の上野英三郎博士を待ち続けたハチは,上野博士が教鞭をとった東京大学農学部で,大好きな上野博士と銅像になって再会する.それを記念して,ハチと上野博士をめぐるさまざまなストーリーを新たに紡ぐ.


目次

プロローグ 「東大ハチ公物語」のシンボリズム(一ノ瀬正樹)

第1話 「ハチ」そして「犬との暮らし」をめぐる哲学断章(一ノ瀬正樹)
 エピソード1 「忠犬ハチ公」は「忠犬」だったのか(松井圭太)
第2話 誇り高き秋田犬と飼い主の関係性(新島典子)
 エピソード2 「忠犬ハチ公」の


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。