大学出版部協会

 

 個性の生態学シカの顔、わかります

シカの顔、わかります 個性の生態学

四六判 256ページ
価格:3,960円 (消費税:360円)
ISBN978-4-13-063954-5 C1045
奥付の初版発行年月:2022年02月 / 発売日:2022年02月下旬

内容紹介

あなたはだれですか?――そんな問いかけから始まる生物学がある。人間と同じようにシカにも1頭1頭に個性がある。その個性に徹底的にこだわって、誕生、成長、そして最期のときまで、その一生を追う。30年以上にわたる行動観察にもとづく貴重なシカの記録。

著者プロフィール

南 正人(ミナミ マサト)

麻布大学獣医学部動物応用科学科教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに

第1章 そんなに違う? シカの顔――個性に迫る  
1 金華山という島
2 シカに名前をつける
3 行動を観察する
4 身体を測定する
5 長期調査をする

第2章 雌のためならなんでもします?――雄の闘い  
1 哺乳類の雄
2 なわばり雄
3 雌の立場
4 弱い雄の作戦
5 鳴き声による闘い
6 闘いのコスト
7 発情を終えて
8 子どもを残せる条件

第3章 お母さんと一緒がよいけれど――誕生と成長  
1 出産
2 幼獣の生活
3 子育てと成長

第4章 婆ちゃん、母ちゃん、姉ちゃん、女系家族のいろいろ――家族関係
1 大家族と小家族
2 家族の絆と対立
3 雄の社会
4 鳴き声によるコミュニケーション

第5章 子どもを残すのはたいへん――雌の生涯・雄の生涯  
1 最期のとき
2 雌の生き方
3 雌の生涯
4 雄の生き方
5 雄の生涯
6 子どもの性別

第6章 人との長いおつきあい――シカと人間の関係  
1 人に馴れたシカ
2 歴史のなかで
3 野生とは

第7章 ひとりでは生きられない――個体から個体群、そして環境との関係  
1 繁栄する家系・滅びる家系
2 シカと植物
3 環境とシカの生活

第8章 シカに教えてもらったこと――野生動物の研究とはなにか  
1 野生下の研究
2 個体ベースの研究
3 直接観察
4 チーム研究と共同
5 長期研究
6 仮説検証型と記載型
7 個体ベースから見た個体群管理
8 動物の命
9 個体ベースの研究と生命観

おわりに


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。