大学出版部協会

 

もがく建築家,理論を考える

T_ADS TEXTS2
もがく建築家,理論を考える

新書 304ページ
価格:1,500円+税
ISBN978-4-13-063851-7 C1052
奥付の初版発行年月:2017年06月

内容紹介

ふたつの東京オリンピックのはざまで,時代の大きなうねりのなか形作られた現代日本建築の多様性を「理論」「技術」「都市」「人間」という四相から見直すシリーズの第1弾,「理論編」.日本を代表する建築家自身による作品解説とインタビューによる現代日本建築入門.


目次

FOREWORD「これからの建築理論」の先をめざして(小渕祐介) 
01.なぜいま丹下健三から考えるのか(隈 研吾+小渕祐介)
02.空間を感知するために(磯崎 新)
03.様式を共有する(香山壽夫)
04.建築の始源へ(藤森照信)
05.つなぐ建築(大野秀敏)
06.建築より大きく,都市より小さく(妹島和世)
07.日常の建築家(隈 研吾)
AFTERWORD(木内俊彦)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。