大学出版部協会

 

 現代社会の罠とセキュリティサイバー社会の「悪」を考える

サイバー社会の「悪」を考える 現代社会の罠とセキュリティ

四六判 208ページ
価格:2,750円 (消費税:250円)
ISBN978-4-13-063458-8 C1004
奥付の初版発行年月:2022年01月 / 発売日:2022年01月下旬

内容紹介

トロイの木馬、ダークウェブ、PC遠隔操作、サイバー戦争…。人の心に巣くう「悪」は、なぜかくも広範かつ瞬時に社会を襲うのか? 近未来の超スマート社会を構想する著者が、情報を用いた「悪」の歴史を紐解きながら、技術的な問題と人間的な問題の両面から考える。【東京大学出版会創立70周年記念出版】

著者プロフィール

坂井 修一(サカイ シュウイチ)

東京大学大学院情報理工学系研究科教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第1章 プロローグ――サイバー社会よどこへ行く
1 スタックスネットの衝撃
2 スタックスネットとは何だったか
3 サイバー社会の「悪」とは――本書の構成

第2章 コンピュータ以前の「悪」
1 古代の「悪」
2 腕木通信の改竄
3 暗号の解読と情報の捏造
4 電気による通信・放送と「悪」
5 近代情報戦の覇者・イギリス

第3章 コンピュータの出現と「悪」
1 コンピュータの出現
2 ツーゼのZ3
3 テューリングと暗号解読
4 ENIAC、EDVACとフォン・ノイマン
5 2人の天才の末路
6 コンピュータの進化
7 コンピュータと「悪」

第4章 インターネット時代の「悪」
1 インターネットの誕生と発展
2 多様な「悪」の道具
3 事例:パソコン遠隔操作事件
4 インターネットを使った「悪」
5 国家の関与が強く疑われる「悪」
6 サイバー社会における国家と個人

第5章 セキュリティの技術と心得
1 情報セキュリティとは何か?
2 暗号
3 ブロックチェーン
4 侵入防止・マルウェア対策(ユーザ編)
5 侵入防止・マルウェア対策(システム管理者編)
6 情報セキュリティ教育
7 レジリエンス
8 ディジタル・フォレンジック
9 サイバー戦争の抑止
10 これからの情報セキュリティ

第6章 安全・安心な情報社会をめざして
1 情報技術の発展と「悪」
2 「悪」はどこにあるのか?
3 セキュリティの限界
4 将来の情報社会と「悪」
5 明るい情報社会を築くために


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。