大学出版部協会

 

 コロナ禍で進展した情報社会を元に戻さないためにオンライン・ファースト

オンライン・ファースト コロナ禍で進展した情報社会を元に戻さないために

四六判 290ページ
価格:2,970円 (消費税:270円)
ISBN978-4-13-063457-1 C1004
奥付の初版発行年月:2020年12月 / 発売日:2020年12月下旬

内容紹介

コロナ禍で日本のIT化は加速したが,感染検知やソーシャルディスタンスの確保,マイナンバー制度の正しい活用など,解決すべき課題も多い.IT化を逆行させず,今後進めていくための東大の「提言」をもとに,山積する社会の課題の解決への指針を示す,実務者必携の書.

著者プロフィール

東京大学情報理工学系研究科(トウキョウダイガクジョウホウリコウガクケイケンキュウカ)

東京大学大学院情報理工学系研究科

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに――新型コロナウイルスに立ち向かうための情報理工学(須田礼仁)

第I部 これからの社会とIT
1 超スマート社会の進め方――Society5.0とは(坂井修一)
2 大人のための情報教育
   ――「もとに戻さない」,真のオンライン社会へ(萩谷昌己)
3 インターネットのしくみでつくる社会――つながりによる革新(江﨑 浩)

第II部 ITでデザインするポストコロナ社会
4 ソーシャルディスタンシングと感染爆発の検知
   ――データサイエンスの活用(山西健司)
5 触れずに触り,遠隔で操作する――VRとシステム情報学(藤田政之・稲見昌彦・川嶋健嗣・篠田裕之・津村幸治)
6 感染症とデータビジネスと民主主義――個人と社会のデータ管理(橋田浩一)
7 オンライン講義・テレワークを支えるシステム
   ──データ活用が導くサイバーフィジカルアーキテクチャ(中村 宏・関谷 勇司)
8 サイバー空間と実世界を結ぶ
   ──ポストコロナを支えるAI,VR,ロボット(稲葉雅幸・岡田 慧・深尾隆則・國吉康夫・葛岡英明・鳴海拓志・雨宮智浩・青山一真・相澤清晴・竹内昌治)

ポストコロナの新たな情報化社会へ向けての提言(情報理工学系研究科)

最新IT用語集


On-Line First:
Toward an Information Society by Design After COVID-19
Graduate School of Information Science and Technology,
The University of Tokyo, Editor


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。