大学出版部協会

 

 すぐそこにいる野生動物ツキノワグマ

ツキノワグマ すぐそこにいる野生動物

4月6日 288ページ
価格:3,600円+税
ISBN978-4-13-063348-2 C1045
奥付の初版発行年月:2017年08月 / 発売日:2017年08月下旬

内容紹介

ツキノワグマによる人身事故はなぜ起こるのか

著者プロフィール

山﨑 晃司(ヤマザキ コウジ)

東京農業大学地域環境科学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに

第1章 ツキノワグマという動物
 1 クマの仲間
 2 アジアのツキノワグマ
 3 日本への渡来
 4 日本のツキノワグマ 
第2章 森や人間の変化
 1 分布域の急激な拡大
 2 人里への出没
 3 出没のメカニズム
 4 個体数の増加
 5 はげ山だった日本の山々
 6 狩猟者の減少
 7 里山の機能喪失
第3章 人間との衝突
 1 農業被害
 2 林業被害
 3 畜産業・水産業被害
 4 心理的な被害
 5 人身事故の実態
 6 ツキノワグマの行動の変化
第4章 姿を消したツキノワグマ
 1 九州のツキノワグマ
 2 四国のツキノワグマ 
第5章 管理や保全のための試み
 1 非致死的管理の試み
 2 集落に誘引しないための取り組み
 3 危機的個体群の保全
 4 管理や保全のための普及啓発
第6章 これからどうつきあうか
 1 保護管理計画の現状
 2 管理や保全の課題
 3 モニタリングの課題
 4 人身事故を繰り返さないために

おわりに/引用文献

Challenges in Management and Conservation of Asian Black Bears in Japan
Koji YAMAZAKI


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。