大学出版部協会

 

 共創によるものづくり人工物工学入門

人工物工学入門 共創によるものづくり

A5判 256ページ
価格:3,740円 (消費税:340円)
ISBN978-4-13-062842-6 C3050
奥付の初版発行年月:2015年04月

内容紹介

環境配慮意識が進み,人工物がもたらすさまざまな問題が強く意識されるようになった.人工物工学とは,これらの問題の解決と循環型社会の構築をめざすものである.身のまわりにあふれる人工物,そのライフサイクルから価値とサービスの創出まで「ものづくり」を捉えなおす.


目次

まえがき(吉川弘之)
 序 章 (藤田豊久・太田 順)

第I部 循環型社会へのものづくり——新たな価値と人工物工学の考え方
 第1章 ものづくりとトータルライフサイクル(藤田豊久・沖田泰良・中島憲宏)
  1.1 設計から廃棄,評価まで
  1.2 人工物の廃棄と環境
  1.3 劣化予測モデル・検査技術とメンテナンス
  参考文献
 補論 計算科学の利用
  A.1 計算科学とは
  A.2 計算科学における「現代の邪悪」とは
  A.3 人工物工学における計算科学の利用
  A.4 まとめ
  参考文献
 第2章 暗黙知の情報化(奥田洋司)
  2.1 知識継承問題
  2.2 知識伝搬過程のエージェントベースモデリング
  2.3 雇用期間シナリオの知識伝搬への影響
  参考文献
 第3章 自然環境と共創(六川修一・愛知正温)
  3.1 環境保全・防災における共創
  3.2 エネルギー開発における産業・住民・行政の共創
  3.3 循環型社会を目指して
  3.4 まとめと展望
  参考文献

第II部 新たな設計システムとサービスの構築——顧客参加と共創社会
 第4章 新しい設計手法(鈴木克幸・山田知典)
  4.1 人工物と設計
  4.2 価値の時間変化とライフサイクル設計
  4.3 大規模複合領域問題の設計
  4.4 目的が不明確な問題に対する共創的設計
  4.5 安心,安全な社会のための設計手法
  4.6 新しい設計学に向けて
  参考文献
 第5章 新しいサービス構築手法(太田 順・浅間 一・原 辰徳)
  5.1 看護におけるサービス提供プロセスの設計
  5.2 サービスロボティクス
  5.3 製品のサービス化
  5.4 サービス学の体系化を目指して
  参考文献
 第6章 価値の共創とものづくり(西野成昭・緒方大樹)
  6.1 人工物の創出と価値
  6.2 人間の行動観察と分析を用いて人間間の共創を調べる
  6.3 経済実験で人工物と社会の構造をみる
  6.4 価値を考慮した人工物設計論の体系化へ向けて
  参考文献
 第7章 共創における人間——共創的人材育成(六川修一・吉川弘之)
  7.1 共創的イノベーション人材の考え方
  7.2 トランスファーラブルスキル
  7.3 社会とつながるイノベーション人材育成のフレームワーク
  7.4 人工物工学と教育カリキュラム
  参考文献

 終 章 インタラクティブ社会における人工物工学の展望(上田完次)
  1 社会のための人工物と社会の中の人工物
  2 インタラクティブ社会における価値創成とドミナントロジック
  参考文献

索引/執筆者一覧


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。