大学出版部協会

 

 生物多様性と生態系機能草原生態学

草原生態学 生物多様性と生態系機能

A5判 170ページ
価格:3,960円 (消費税:360円)
ISBN978-4-13-062225-7 C3045
奥付の初版発行年月:2015年04月

内容紹介

世界の食料生産と環境保全において重要な生態系である草原.生物多様性と生態系機能という生態学の最前線にふれながら,草原の保全と持続的利用をめざす草原生態学について解説する.生態学に加え,草地学や畜産学,環境科学にかかわる読者のための必携書.


目次

はじめに

第1章 世界の草原・草地——その分類と利用
 1.1 草原・草地の分布と成因
 1.2 草原・草地の動植物
  コラム1.1 モンゴルの野生動物に迫る危機と保護活動
 1.3 草原・草地の生態系サービス
  コラム1.2 茶草場
  コラム1.3 景観生態学からみた草地ランドスケープの特徴
 1.4 牧畜による草原の利用
  コラム1.4 自然的価値の高い草地
 1.5 世界の草原・草地が直面する問題
  コラム1.5 「里山」の構成要素としての半自然草地の変容と現状

第2章 草原・草地の攪乱
 2.1 家畜行動からみたメカニズム(家畜スケール)
 2.2 放牧地空間からみたメカニズム(放牧地スケール)
  コラム2.1 空間的異質性の評価手法
 2.3 草原・草地に卓越するその他の攪乱

第3章 草原・草地の生物多様性
 3.1 生物多様性とは
 3.2 放牧圧と生物多様性の関係を説明する仮説
 3.3 放牧による生物への影響
  コラム3.1 機能的多様性

第4章 草原・草地の生態系機能
 4.1 生態系機能とは
 4.2 放牧による生態系機能への影響
  コラム4.1 放牧地生態系における降水量と放牧圧の生産性への影響——平衡概念と非平衡概念
  コラム4.2 生態系のフィードバック機構とレジリエンス

第5章 生物多様性と生態系機能
 5.1 生物多様性と生態系機能の関係
  コラム5.1 機能的冗長性
 5.2 草原・草地における生物多様性と生態系機能の関係の研究例
  コラム5.2 多様性による相補性効果と選択効果の切り分け
  コラム5.3 生物多様性と2次生産機能

第6章 これからの草原・草地生態学
 6.1 草原・草地における生物多様性と生態系機能の管理
 6.2 応用科学としての草原生態学の役割と課題

引用文献/索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。