大学出版部協会

 

哺乳類の生物地理学

Natural History Series
哺乳類の生物地理学

A5判 200ページ
価格:3,800円+税
ISBN978-4-13-060252-5 C3045
奥付の初版発行年月:2017年06月

内容紹介

生きものの歴史をたどる生物地理学——北海道のヒグマはどのように渡来したのか,日本のハクビシンはどこからやってきたのか,都市に生きるキツネやタヌキはどのように暮らしているのか


目次

はじめに
第1章 生物地理学とはなにか——系統地理学への発展
第2章 進化の生物地理学——適応と種分化
第3章 境界線の生物地理学——ブラキストン線とヒグマ
第4章 固有種の生物地理学——イタチ科の動物
第5章 ミクロの生物地理学——糞の生物学
第6章 都市動物の生物地理学——キツネとタヌキ
第7章 外来種の生物地理学——ハクビシン
第8章 生物地理学の課題——過去・現在・未来
おわりに

Biogeography of Mammals
Ryuichi MASUDA


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。