大学出版部協会

 

トンボの生態学

ナチュラルヒストリーシリーズ
トンボの生態学

A5判 260ページ
価格:4,200円+税
ISBN978-4-13-060196-2 C3045
奥付の初版発行年月:2015年01月

内容紹介

身近な昆虫——トンボ.興味深いその生活史の特徴にふれながら,行動生態学,群集生態学,保全生態学など生態学の主要な分野ごとに詳述.トンボをとおして生態学の基礎から応用まで統合的な視点で書き下ろす.さらに,絶滅危惧種の保全について実践例を紹介.


目次

はじめに

第1章 生態学における蜻蛉目——教科書の中のトンボ
 1.1 学問の出発
 1.2 個体群
 1.3 数理モデル
 1.4 適応戦略
 1.5 種間関係
 1.6 多様性と絶滅

第2章 習性学——多様な生き方
 2.1 生活環
 2.2 卵と幼虫
 2.3 成虫の振る舞い
 2.4 雄と雌
 2.5 寿命

第3章 生理生態学——環境への適応
 3.1 非生物的環境要因
 3.2 体温調節
 3.3 光環境
 3.4 蔵卵数
 3.5 耐塩性
 3.6 摂食の生理学

第4章 行動生態学——種内関係
 4.1 性選択
 4.2 なわばり制
 4.3 産卵
 4.4 精子競争
 4.5 多型

第5章 個体群生態学——数の変動
 5.1 生活史戦略
 5.2 分布構造
 5.3 個体群動態
 5.4 移動・分散

第6章 群集生態学——食う-食われる関係
 6.1 群集構造
 6.2 優占種
 6.3 餌

第7章 景観生態学——生息環境のレベル観
 7.1 複合生態系
 7.2 里山
 7.3 水田
 7.4 プール・人工池

第8章 保全生態学——自然の恵み
 8.1 人為の影響
 8.2 進入と帰化
 8.3 ミチゲーション

第9章 蜻蛉目の生態学——トンボの存在意義
 9.1 教材としての蜻蛉目
 9.2 研究としての蜻蛉目
 9.3 心の中の蜻蛉目

引用文献/おわりに/事項索引/生物名索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。