大学出版部協会

 

 人間形成と教育の社会史〈少年〉と〈青年〉の近代日本

〈少年〉と〈青年〉の近代日本 人間形成と教育の社会史

A5判 464ページ
価格:8,800円+税
ISBN978-4-13-056225-6 C3037
奥付の初版発行年月:2016年03月

内容紹介

人が生まれ育ち,何者かになってゆく過程におとずれた「近代日本」とは何であったか.伝統的共同体の危機と国民の空間に生まれた〈青年〉の概念の起源と展開から,メディア空間における〈少年〉(少女)の誕生までを,近代における〈教育〉の意味を照射しながら描き出す.


目次

はじめに
序 章 近代日本における〈教育〉と〈青年〉の概念
 1 〈教育〉の概念と言葉の用法
 2 〈教育〉と〈教化〉と〈形成〉の区別
 3 エデュケーションの翻訳語としての教育
 4 植木枝盛の教育論と「開発進達」の思想
 5 公教育におけるエデュケーションの系と「教+育」の系
 6 福沢諭吉の『学問のすゝめ』と青年期の教育
 7 日本社会における人づくり文化の多様性と重層性
 8 本書の構成

第一部 〈一人前〉にむけて——近世共同体社会の人間形成
第1章 民衆の子育ての習俗とその思想
 1 村共同体と子ども
 2 人間形成の思想と方法
第2章 近世社会の家族と子育て
 1 小農自立と村の子育ての習俗
 2 近世農村の発展と養育への関心
 3 都市の町人たちの子育て
第3章 若者の形成と若者組
 1 若者組と若者たちの形成
 2 権力による取り締まりと若者組の変容

第二部 〈若者〉と〈青年〉の社会史——近世から近代へ
第1章 共同体の解体と〈青年〉の出現
 1 共同体から近代社会へ
 2 日本社会と〈青年〉
 3 青年期教育の二重構造と社会史の視点
 4 女性の青年期
第2章 〈青年〉の社会史——山本滝之助の場合
 1 「田舎青年」論と山本滝之助
 2 『山本滝之助日記』の分析
第3章 〈修養〉の成立と展開
 1 〈修養〉の社会史研究に向けて
 2 明治初期啓蒙思想と修養
 3 初期修養論の継承と深化
 4 修養論の多様な展開
 5 新しい青年期の登場と修養ブーム
 6 新渡戸稲造の修養論
 7 修養論からの教養論の分岐とその後の展開
 8 修養論の大衆化・通俗化とその担い手
 9 青年の自己教育運動の展開と修養の再編
 10 修養と教養の戦後史
第4章 〈修養〉の大衆化——野間清治と講談社の出版事業
 1 野間清治における修養論の成立とその特徴
 2 講談社の出版事業における修養論の展開
 3 講談社少年部における修養の実践的展開——「模範少年」の育成をめざして

第三部 近代化の進行と教育文化
第1章 〈少年〉概念の成立と少年期の出現——雑誌『少年世界』の分析を通して
 1 雑誌『少年世界』編集者の意図と読者層
 2 〈少年〉概念の混乱と整理
 3 〈少年〉たちの人生選択と学校
第2章 1920−30年代における児童文化論・児童文化運動の展開
 1 児童文化の概念
 2 よい文化を与えたいという立場
 3 文化の製作者として子どもを捉える立場
 4 社会的実践主体として子どもを捉える立場
 5 子ども研究の進展と発達論的な視点
第3章 青少年の自己形成と学校文化
 1 学歴社会と中等教育
 2 戦前日本の受験問題
 3 高等女学校の学力問題
 4 戦争と中等教育の崩壊
 5 戦後教育改革と新制中学校

あとがき
収録論文初出一覧
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。