大学出版部協会

 

 中等諸学校の『校友会雑誌』を手がかりとして学校文化の史的探究

学校文化の史的探究 中等諸学校の『校友会雑誌』を手がかりとして

A5判 400ページ
価格:8,800円+税
ISBN978-4-13-056223-2 C3037
奥付の初版発行年月:2015年03月

内容紹介

戦前の中等教育における『校友会雑誌』を発掘し,内容を検討することで浮かび上がる群像……ストライキする学生,制服と女生徒,まだアマチュアだった文豪たち——初等と高等,公的カリキュラムに焦点をあててきた従来の教育史の狭間を埋め,生徒たちの多彩な生を描き出す.


目次

序 章 学校文化の探求へ(斉藤利彦)
  1 学校文化へのアプローチ
  2 学校文化の規定要因と本書の課題
  3 新たなアプローチと史料論

I 学校文化とその表象
 第1章 『校友会雑誌』にみる学校文化——表紙の変遷をとおして(斉藤利彦)
  1 『校友会雑誌』の表紙から見えてくるもの
  2 『校友会雑誌』と印刷文化
  3 表紙の変遷にみる学校文化
  4 「我々の雑誌は我々のデザインで」
  5 「外地」の『校友会雑誌』
 第2章 生徒の表現の場としての『校友会雑誌』——制約と可能性(市山雅美)
  はじめに
  1 校友会雑誌の成立と動揺
  2 校友会雑誌の編集体制の確立——教員による検閲を中心に
  3 日露戦争後の状況
  結論
 第3章 学校文化に現れた天皇(制)イメージ——『校友会雑誌』における「御大典」・行幸啓の表現から(茂木謙之介)
  はじめに
  1 想起・共有される天皇(制)——「御大典」記念号における天皇(制)イメージ
  2 接触・経験される天皇(制)——昭和戦中期青森における秩父宮表象をめぐって
  おわりに

II 学校文化における相剋の諸相
 第4章 学校紛擾における要求実現のための生徒の行動様式——同盟休校と決議文を中心に(市山雅美)
  はじめに 学校紛擾の位置づけと定義
  1 同盟休校
  2 学校紛擾の原因と生徒の要求
  3 学校紛擾における生徒たちの戦略
  結論 教師対生徒の図式を超えて——学校文化と学校紛擾
 第5章 拮抗する青年論——明治後期中学生による応答の諸相(森田智幸)
  はじめに 問題の所在と方法
  1 青年批判言説の広がり
  2 学校による「生徒管理」の強化
  3 中学生による論理の共有
  4 中学生による論理の拒否
  おわりに 学び手の声を聴く

III 校風と学校文化
 第6章 実業学校『校友会雑誌』にみる青年の社会観・実業観(井澤直也)
  はじめに
  1 実業学校「校風」育成の場としての『校友会雑誌』
  2 商業学校の実業観・青年観
  3 工業学校の工業観・青年観
  4 農業学校の農業観・社会観
  おわりに
 第7章 高等女学校の校風文化と卒業生——大正から昭和期の跡見女学校(歌川光一)
  はじめに
  1 跡見女学校という考察対象
  2 マス・メディアにおける跡見女学校
  3 在校生の身装観
  4 校風文化と卒業生
  おわりに

IV 生徒文化の多様な展開
 第8章 自伝にみる師弟関係——『私の履歴書』の分析から(稲垣恭子)
  はじめに
  1 『私の履歴書』と「先生」の思い出
  2 さまざまな思い出の語りかた
  3 各「界」における思い出の特徴
  おわりに
 第9章 近代日本の学校文化と文芸活動——『校友会雑誌』という磁場(斉藤利彦)
  1 石川啄木の場合
  2 芥川龍之介の場合
  3 萩原朔太郎の場合
  4 文学者の出発と『校友会雑誌』
  5 野間宏の場合
  6 『校友会雑誌』における文芸欄
  7 文芸活動の具体相
  8 文芸部の位置づけをめぐって
 第10章 創作活動のアジール——昭和戦前戦中期盛岡中学校『校友会雑誌』短歌欄・短歌作品の分析から(茂木謙之介)
  はじめに
  1 昭和戦前・戦中期の歌壇状況
  2 表現における規範
  3 戦中期『校友会雑誌』短歌の諸相
  4 規範としての教師
  おわりに
 第11章 高等女学校における教師と生徒による音楽活動——『校友会雑誌』上における表現を手がかりに(古仲素子)
  はじめに
  1 高等女学校における音楽の重視
  2 学校設立初期における教師の音楽に対する意識とその指導
  3 音楽活動に関する生徒の意識とその表現
  おわりに

V 帝国日本と学校文化
 第12章 大陸への修学旅行と帝国日本(井澤直也)
  はじめに
  1 先行研究と本章の位置
  2 商業学校における「満鮮(韓)支」修学旅行の端緒
  3 行商としての「満鮮(韓)支」旅行
  4 旧制中学校の「満鮮(韓)支」旅行
  5 紀行文に見る中等諸学校生の社会・文化意識
  6 「満鮮(支)」修学旅行と学校文化
 第13章 中等諸学校生徒のアジア認識の生成と相克——台北第一中学校,台北第二師範学校,京城公立中学校,新京中学校(梅野正信)
  はじめに
  1 台北州立第一中学校学友会雑誌言説にみるアジア認識の生成過程
  2 台北第二師範学校,京城公立中学校,新京中学校生徒の『校友会雑誌』にみるアジア認識
  3 アジア認識の相克,そして「揺れ」
 終章 学校文化研究の今後の課題と展望(市山雅美)
  1 学校文化を巡る対立・葛藤
  2 学校外の文化と学校文化
  3 学校文化の構造
  4 今後の課題
  5 近代日本と学校文化——学校文化と自己形成

あとがき(斉藤利彦)
執筆者紹介/索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。