大学出版部協会

 

 アメリカにおける人種,国家,多様性未完の多文化主義

未完の多文化主義 アメリカにおける人種,国家,多様性

A5判 356ページ
価格:6,160円 (消費税:560円)
ISBN978-4-13-056122-8 C3036
奥付の初版発行年月:2021年02月 / 発売日:2021年02月上旬

内容紹介

人種,民族,階級,ジェンダー,セクシュアリティなど「多」の分断を抱える現代のアメリカ合衆国は,いかなる「一」であろうとしてきたか.公民権運動以来の多様性の政治を歴史社会学的に追い,いまバックラッシュのなかで失敗が宣告される「アメリカ型多文化主義」にアメリカを動かすダイナミズムを読む.

著者プロフィール

南川 文里(ミナミカワ フミノリ)

立命館大学国際関係学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 多文化主義が終わる時代に?

第I部 多文化主義への社会学的アプローチ

第1章 多文化主義の社会学――アメリカ型多文化主義を考える視座
  1 社会学研究の対象としての多文化主義
  2 多文化主義とは何か
  3 アメリカ型多文化主義とは何か
  4 多文化主義という事象の歴史社会学

第II部 アメリカ型多文化主義の成立

第2章 人種リベラリズムと公民権――アメリカ多元主義と非差別政策の系譜
  1 20世紀転換期の多元主義の系譜
  2 人種リベラリズムと非差別政策
  3 1964年公民権法と制度的人種主義
  4 新しい多元主義――人種と多様性をめぐる対抗政治
  5 人種リベラリズムの時代と胎動する多文化主義

第3章 非差別と平等のための積極的措置――連邦政府と公民権改革
  1 「もう一つの多元主義」への跳躍?
  2 雇用機会均等委員会と非差別政策の形成
  3 人種主義を数値化する
  4 積極的措置の内実
  5 公民権改革は何を変えたのか?

第4章 人種を数える――連邦政府における人種とエスニシティの標準化
  1 「人種エスニック五角形」のアメリカ
  2 分権的な連邦統計制度と人種エスニックなカテゴリーの標準化
  3 OMB指令15号――標準化とその実践
  4 人種エスニック五角形の動態的編成

第5章 中立性規範と多様性規範――バッキ裁判とアメリカ型多文化主義の転換点
  1 積極的措置の危機
  2 「逆差別」論争への道程
  3 多文化主義と2つの規範
  4 アメリカ型多文化主義の転換点
 
第III部 多様性規範と反多文化主義の時代

第6章 多文化教育における包摂と多様性――ニューヨーク州教育改革を事例に
  1 多文化主義論争の登場――多文化教育と「文化戦争」
  2 1980年代における教育改革と多文化主義
  3 包摂のカリキュラム
  4 包摂から多様性へ――反多文化主義と多文化主義の折衝
  5 包摂,分裂,多様性――何が残り,何が欠落したか

第7章 反多文化主義の住民運動――カリフォルニア州における中立性規範と人種政治
  1 中立性規範による反多文化主義
  2 カリフォルニア地域政治における反多文化主義
  3 反「優遇措置」の住民提案――カリフォルニア州提案209号
  4 中立性規範による人種政治
  5 反多文化主義の時代へ

第8章 多人種主義の挑戦――人種エスニック五角形の危機と再編
  1 「アメリカの新しい顔」
  2 多人種主義運動と人種エスニック統計
  3 多人種の数え方――OMB指令15号の再検討
  4 修正される多文化主義――「1つ以上をマーク」ルールの確立
  5 多人種主義と「数値」の政治

第9章 多様性への多文化主義――オバマ現象/トランプ現象への水脈
  1 21世紀の多文化主義――新自由主義と安全保障化のなかの多様性
  2 多様性規範をめぐる政治――グラッター判決と積極的措置
  3 多様性規範の時代――オバマ現象と多文化主義
  4 トランプ現象と反多文化主義の政治
  5 アメリカ型多文化主義の「現在」

終 章 「未完のプロジェクト」のゆくえ


Multiculturalism as an Unfinished Project:
Race, State, and Diversity in the United States
MINAMIKAWA Fuminori


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。